経済

日本元首相の「世界美人」写真集が話題だ。





続いて、西村康俊市経済活動画像が2021年7月13日、東京都千代田区首相室で記者たちの質問に答えている。 (Mainichi/Kan Takeuchi)

西村康史前経済活動画像が公式ホームページに10年以上海外女性写真集を「全世界美人たちの絵本」というタイトルで掲示して非難を受けている。

執権自民党(自民党)衆議院議員西村(59)が掲示した写真ギャラリーがソーシャルメディアで「汚い」などの批判を起こして話題になっている。 これに西村は自身のウェブサイトから写真コレクションを削除し、6月3日自身のブログに自分を説明した。

西村は毎日新聞に「2017年8月にアップデート(写真集)を中断したが削除するのを忘れた」と話した。 ジェンダー問題の専門家は、該当議員が投稿した写真が「不適切だ」と指摘した。

西村は現在兵庫9番下院議員を代表する7選にあります。 安倍晋三首相と菅義威首相の時代には、経済活動画像とコロナ19対応の代わりに過ごした。 現在安倍首相が率いる自民党最大派閥の事務総長だ。





これに先立ち、自民党の西村康志議員の公式ホームページに掲載された「世界美人たちの絵本」に載せた写真(一部修正)の一枚が見られる。 以後該当写真は削除された。 (画像一部修正)





これに先立ち、自民党の西村康志議員の公式ホームページに掲載された「世界美人たちの絵本」に載せた写真(一部修正)の一枚が見られる。 以後該当写真は削除された。 (画像一部修正)

少なくとも2008年頃から、西村は「世界中の美人の絵本」というタイトルで海外女性たちの写真を投稿しました。 毎日新聞が自分のホームページから削除される前の写真を確認してみると、2008年にベルギーで撮ったと推定される写真に「全世界美人図鑑21部」というタイトルの写真が発見された。 写真には「ベルギーブリュッセル旅行中。予想通り夕方には肌寒くなる。買い物を終えて帰ってくる美女(?)のバックショット(?)」という文とともに。

エクアドルで撮影されたと思われる別の写真には遠くから記念写真を撮っているある女性の姿が込められた。 キャプションには「エクアドル首都キトの赤道記念碑の前で記念撮影をしている女性。遠くからも笑顔が本当に魅力的だ」

この写真集は今年5月頃からツイッターを通じて口コミに乗って批判の波を起こした。 あるツイートには「彼が写真を撮った女性たちの許諾を受けましたか?」という文が載ってきた。 もう一つのネチズンは、「美人写真」というタイトルでコレクションのように写真を載せたというのがあまりにも煩わしい」とし、また別のネチズンは「こんな女性たちを「美人」という名目で外国でこっそり撮ったのか?納税者のお金で働くのか?」

西村議員は6月2日までに写真を削除した。 毎日のインタビュー要請に、議員はファックスで「2017年8月現在、問題のウェブサイトの更新を中断したが削除するのを忘れた(写真)。収集)。」 続いて「不快な方がいると思う。皆削除した。これから再発防止に格別の注意を払う」と付け加えた。 毎日も「ビューティーコレクション」を載せるきっかけを聞いたが、議員は答えをしなかった。

6月2日、彼の公式ホームページには「過去のホームページに載せた写真」というタイトルのブログ記事が上がった。 該当の投稿には「一般的に公共の場所で撮影した写真はテレビなど媒体でほとんど修正されないのに一部の方々が不便を感じることができて削除しました」という文が載ってきた。





自民党の西村杏志議員の公式ホームページでキャプチャしたこのイメージには、6月3日付「過去のホームページに載せた写真について」というタイトルの文が掲載されている。

しかし、西村が「削除することを忘れた」という言い訳は、より大きな反発を呼び起こし、あるネチズンは「問題が何なのか分からない。個人が理解しようとしないパターンだ」と話した。 もう一つのネチズンは「写真を上げたことについて謝ったのではない。謝るように見えるが批判の焦点を回している」と話した。

ジェンダー問題に精通した東京の昭和大学副教授のスナガ・フミオ(Fumio Sunaga)は、「彼(西村)が女性を軽く考えた可能性がある。

(デジタルニュースセンター後藤剛の日本語オリジナル)

READ  日本補助金は、大流行のピンチを感じる醸造業者に活力を吹き込む。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close