日本内のミャンマー国民が祖国のために集会を開いている。

0 min read

現在、日本に住んでいるミャンマーの人々が故国の民主主義を求める集会を開きました。
日曜日は軍事クーデターが起きてから1000日になる日だ。
抗議者たちは、世界の焦点が中東とウクライナの紛争に集中している間、ミャンマーの問題に世界中の関心が集中し続けたいと考えています。

ミャンマー出身約200人と支持者たちが軍事統治に抗議するために東京中心部に集まりました。
彼らは「ミャンマーを解放し、私たちの指導者を解放しなさい」と叫んで首都を行進しました。

2021年2月、軍部が権力を掌握した後、国家は混乱に陥りました。 軍部は民主的に選出された政府を崩し、指導者アウンサン数値を追い出しました。

民主化勢力は、すべての反対意見を残酷に鎮圧する政権に対抗して戦ってきました。
現地人権団体は、クーデター以後、子供を含めて4000人以上の民間人が死亡したと明らかにしました。

国連人道主義機構は、ほぼ200万人に達する国内実向民が発生したと推定しています。 多くの人が命を救う助けが必要です。

ある参加者は、希望を失うたびに軍に抑留された友達の顔を思い浮かべると話した。 彼女は「世界は時間が経つにつれてミャンマーを忘れてしまったようだ。 しかし、私たちの民主化運動が勝利するまで応援してほしい」と話した。

ある日本人参加者はミャンマー難民児童に関する映像を見て感動を受けたと話しました。 彼は彼らが教育を受けておらず、十分な食べ物や水も受け取らずに生きていると言います。 彼は「私たちが同じ地球でこのように異なる状況に住んでいるが、彼らが希望もなく絶望の中に住んでいるという事実を受け入れることができない」と話した。

集会に出席したミャンマーの人々は、彼らがあきらめなかった姿を世界中に見せたいと言いました。

READ  日本の古い首都で若いシニアシェフが鍋をかき混ぜます。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours