日本内外国人労働者、計画通り1~2年以内に雇用転換可能

Estimated read time 1 min read

東京 – 水曜日、政府専門家パネルが発表した新しい提案によると、日本が始まる予定の新しい国際研修生プログラムに参加する外国人労働者は、最大2年後に雇用を変えることができると言います。

日本は現在、低賃金と労働搾取で非難を受けている問題がある技術インターンプログラムに代わる方案を設けています。 最大の苦情の1つは、インターンが特別な状況を除いて、他の雇用主に移動できないことです。

READ  フィンランドの蒸気動力Pt。 2:サウナの豊かさと日本と共鳴する伝統
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours