スポーツ

日本内閣支持解除失敗、統一教疑惑相談 – アンケート調査

東京(ロイター) – 岸田文夫 日本首相の内閣改編が議論の余地がある統一教と与党の絆に対する怒りの中で有権者たちの懸念を緩和するのにほとんど役に立たなかったと思われると、いくつかの地元メディアの調査が金曜日明らかにした。 。

グループへのリンクは、元首相の安倍晋三の容疑者容疑者が、彼の母親がグループによって破産し、安倍を宣伝したことについて安倍を非難したと言って以来、1ヶ月間岸田の主な責任となりました。 岸田首相は去る10月に就任した後、支持率がすでに最低値を記録し、岸田首相はこのグループと関連がある一部長官を内閣から解任した。

保守的な読売日刊紙が行った世論調査で、回答者の半分以上(55%)が岸田の回答が不十分だと答えたのに対し、彼の内閣に対する全般的な指導は8月5-7日に実施された世論調査で6ポイント下落した。 51%に落ちました。

日経日間の他の世論調査に答えた約86%は、岸田の行動が執権保守である民主党と自民党の連携に対する「心配を消せなかった」と述べた。 しかし、内閣に対する支持は57%に着実に維持された。

岸田議員は、水曜日の新しい内閣構成を発表した後、記者会見ですべての新しいメンバーにグループとの関係を見直すよう指示し、教会が党政策に影響を及ぼしたとは思わないと述べた。 安倍首相が被殺された後、自民党政治家約12人が教会や関連機関との関係を暴露した。

しかし、新しい内閣の一部のメンバーは、過去に行事出席や所属団体に寄付するなど、グループと関連があったと述べた。

北田は、台湾を取り巻く中国との緊張の盛り上がりを含め、何十年もの間、最も厳しい危機の一部と呼ばれる絶え間ない危機に対処するために経験豊富な大臣を選んだと述べた。 しかし、彼は教会との関係を「レビューする」ことに同意した人だけを選んだと言いました。

(Elaine Liesの報告、Kenneth Maxwellの編集)

READ  BayStarsはDeNAから10年ぶりに世界的な名声を獲得しました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close