トップニュース

日本円、黒田発言後しばらく反騰

虫眼鏡を持って円紙幣を覗く手。

張鵬ライトロケットゲッティイメージ

休日が米ドルを他のほとんどの通貨に対して狭い範囲に制限しているにもかかわらず、円は月曜日の日本政策立案者の発言で20年ぶりに最低値を記録した後、しばらく猶予されました。

円は初期アジア取引から20年最低値の126.795に落ち、黒田春彦日本銀行総裁と鈴木純一財務長官が懸念を表明し、126.25まで反騰しました。 しかし、この集会は短期的なものであることが判明し、すぐに126.57秒付近に戻りました。

オーストラリア、香港、その他のアジア地域のイースターの休暇が他の通貨の取引を鈍化させ、ドルは強調を維持し、派閥的な連邦準備制度理事会(Fed)の支持を受け、ユーロはユーロ圏の金利がいつ引き上げられるかについての明確性部族で苦労しています。 。

月曜日の低点で、円は3月上旬より10%近く弱い。 先週、ドルに対して約2%下落し、6週連続で下落傾向を記録しました。

BBH Global Currency Strategyの通貨戦略責任者であるWin Thinは、2002年に135.15に近い高点まで円に対するさらなる上昇を防ぐことができる重要なチャートポイントがドルにないようだと述べました。

Thinは「FX介入のリスクが低いと見ています。BOJが極端な鳩気波的立場を変えるまで、通貨政策の違いは円安を持続させ、介入が持続的な影響を及ぼさないだろう」と書いた。

日本の政策立案者たちは、特に4月11日、円が1ドル当たり125ドルまで弱勢を見せた後、円の下落に対する懸念を表明してきました。

4月27-28日、日本の銀行が今後の金融政策の見直しでインフレ圧力の上昇を認め、これ以上の措置を取らないと期待しているが、アナリストらは円安が黒田がゼロ金利、利回り曲線統制政策をまもなく調整するよう圧力をしていると言います。

黒田は、月曜日に円安が企業利益に影響を及ぼす可能性があるが、容易な政策から抜け出すことができるかどうかを議論するのは時期尚早だと明らかにした。

岸田文夫(Kisida Fumio)日本首相は金曜日、中央銀行の通貨政策が為替操作ではなくインフレ目標値である2%達成を目指すと述べた。

鈴木財務長官は過去数週間で原材料価格の上昇が販売される商品価格に転移しなければ円安が日本経済に「悪い」ことだと警告したことがある。

JPモルガン証券アナリストのベンジャミン・シャチル(Benjamin Shatil)と中村昌介(Sosuke Nakamura)は、「悪い」という言葉の使用が口調の変化を意味すると述べた。

彼らは金曜日に「円安が政治的な反響を起こすのに十分であれば、BOJが目を点滅させる必要があると長い間主張してきた」と書いた。

「円ショートポジションを実行するリスクは、黒田の円安のこれまでのポジティブな評価ですべての降伏になるだろう」

一方、グローバル供給への懸念は、月曜日の原油価格をさらに上昇させ、エネルギー輸入を行う日本経済に逆風を加重させました。

魅惑的な連携

READ  日本がポンペイオに送った高価なウイスキープレゼントはまだありません – 104.5 WOKV

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close