日本分子科学研究所、量子コンピューティングの取り組みを加速ビジネス| 2024年3月

Estimated read time 1 min read

日本岡崎、2024年3月13日 – 日本の大学間研究機関である分子科学研究所(IMS)は、大森健司が率いる研究作業に基づいて中性原子量子コンピューティングの開発を加速するために産業パートナーと協力し、あります。 IMSは2024年末までにスタートアップを設立し、中性原子量子コンピュータ開発に着手する計画だ。


分子科学研究所の大森健治グループが開発した低温原子(中性原子)量子コンピュータ用実験設定。 富田高文美提供。


Ohmoriのグループは、光学ピンセットと顕微鏡技術を使用して平らな表面の多数の高品質キュービットを制御するだけでなく、超高速レーザーを使用してわずか6.5nsで2つのキュービット間に量子もつれを生成する超高速2キュービットゲート制御します。 重要なのは、このアプローチが室温で機能することです。

大森氏は、「私たちは基本的な技術について絶対的な確信を持っていますが、実用的な量子コンピュータを開発するには、既存の電子機器、ソフトウェア、システムエンジニアリング、アーキテクチャなど、さまざまな実装技術の統合が必要です」と述べた。

IMSが構築した商業準備プラットフォームには、企業と金融機関で構成される10の産業パートナーが参加しました。 その中には、blueqat Inc.、日本開発銀行 Inc.、Fujitsu Limited、Groovenauts, Inc.、Hamatsu Photonics KK、Hitachi, Ltd. とNEC Corporationがあります。

ニュートラル原子コンピューティングは、Atom Computing、Infleqtion、QuEra Computingなどの企業で追求されています。

DataRay Inc.  - ISO 11146準拠

READ  物理学者が重力波検出器の研究を続けるためにNSF補助金を授与しました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours