日本初の北極研究船、ミライIIと命名

Estimated read time 1 min read

科学社会技術


東京、2月22日(Jiji Press) – 日本海洋地球科学技術庁(JAMSTEC)が2026年完工のために乾燥している日本初の北極研究船が科学部長官「ミライII」と命名される予定だ。 森山正人が木曜日に語った。

この名前は、公衆から要求された7,000以上の提案の中から選択されました。

未来を意味するJAMSTECの海洋研究船「ミライ」は1998年から北極海で研究を進めてきたが、この船は氷を壊すことができないため氷のない地域でのみ運航してきた。

2015年、日本政府は地球温暖化の影響が明確な北極海の観察に対する国際的関心が高まり、北極政策を確立しました。 JAMSTECは科学的知識を広め、関連する国際規則の形成に貢献するために北極で氷を壊すことができる研究船の乾燥に着手しました。

未来2号の長さは128mで、日本の南極研究船「白瀬」(138m)よりやや短い。 最大1.2m厚の海氷を壊すことができる新型船舶には、気象レーダーなど観測や研究施設を搭載し、水中ドローンの母船の役割も引き受けることになる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  ヨーロッパのイノベーション赤字について、私たちは何をしますか?
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours