トップニュース

日本初の国産LPG運搬船

ここに見えるAstomos Venusを含む20隻の従来の船舶を運営するAstomosは2021年8月にLPG燃料運搬船を就役する予定です(Astomos)

2021年8月11日午後6:42投稿者

海洋エグゼクティブ

日本は、日本Astomos Energy Corporationのために液化石油ガスで運航する最初の国産二重燃料LPG運搬船の運航を用意しています。 最近、彼らは今月末に就役する予定の船舶であるCrystal Asteriaの命名を祝いました。

2006年に設立されたAstomosは、日本の代替燃料としてLPG業界を発展させるために力を入れています。 同社は最近、20隻の船舶にLPG燃料タンカーの導入を検討しており、シンガポールに拠点を置くKumiai Navigationと協力して、新しい船の発注を進めたと明らかにしました。 4台のLPG燃料VLGCを建設中KumiaiはAstomosの長期チャーターで運営されるCrystal Asteriaを所有することになります。

会社によると、SOx規制や2022年以降の建造された船舶に必要なEEDI Phase 3に準拠するためにLPGを運航することができる二重燃料容器を進めることにしました。

Kumiai NavigationのTomomaru Kuroyanagi専務理事は、会社がLPG運搬船を発注した後、2019年にLPGの利点について議論しながらSakaide施設でCrystal Asteriaを乾燥しているKawasaki Heavy Industriesの最新のデザインを船舶に使用したました。 彼はLPGがLNGよりも便利で、コスト効率的で建設費用に10%が追加されます所有者と運営者に長期的な利点を提供すると言いました。

約54,000 DWTになるが、船舶は、Kawasakiで製造したMAN電子制御液化石油ガス噴射ディーゼルエンジン(ME-LGIPエンジン)で駆動されます。 長さは754フィート、ビームは122フィートです。 84,229m3のLPG貨物タンク容量を持つようになります。

Crystal Asteriaは最近、インドと処女航海を準備している命名されました(Astomos)。

READ  日本の与党、LGBTの権利のためにオリンピック憲章違反の疑い| 日本の

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close