日本前通貨国王山崎は円高値下落の可能性がほとんどないとみる By Reuters

Estimated read time 1 min read

茅本鉄市、山口高屋

東京(ロイター) – 山崎達雄元日本通貨高位管理は、円は現在150からドルに大きく弱気を見せず、来年には再び強気を見せると予想すると述べた。

2014年から2015年まで日本の最高金融外交官だった山崎はロイターとのインタビューで、日本銀行が政策立案者が年間労働結果を考慮する早ければ、4月にマイナス金利政策を撤回できると述べた。 春に開かれた会談やその他の指標。

昨年の円安は輸入物価の急上昇を引き起こし、これは結局インフレにつながった。 しかし、今年は円安の影響がやや緩和され、円の価値下落を引き起こした米国との金利格差も減り始めたと山崎は語った。

彼は「昨年と比較して内在変動性がはるかに小さくなった」と話した。

「そうすれば、当局が介入する理由が奪われるでしょう。」

当局は、介入が必要かどうかを決定する重要な要素として、通貨市場のボラティリティについて言及した。

ドルが152円近く上昇した昨年10月、当局者はドルを売って円を買うために最後に介入しました。 米国の通貨は今年同じ水準に近い勢いを回復したが、日本は外国為替市場で特別な措置を取らなかった。

山崎は円安の急激な勢いを防ぐため、10年余り前に中通貨市場の介入に運営的役割を果たしました。

山崎は当局の介入を排除できないと述べた。

山崎は「経済的ファンダメンタルの観点から見ると、150円は合理的な円高に比べて弱すぎる」と述べた。

日本通貨の上級関係者である神田正人は、昨年、当局が市場に介入する直前に「待機中」だったと述べた。 神田は今年円が152円付近で弱気を見せた時も「待機」という表現を書いた。

山崎は「初めは冗談だと思った。しかし当時、円がより弱いならば外国為替市場に進出しただろう」と話した。 いろんな人と話を交わしながら感じた点だ。

希望のニュースを入手

興味のある株式のカスタムフィードを通じて市場動向をお読みください。

アプリを入手

READ  日本のDroht ChinaのWirtschaft dasselbe Schicksal?
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours