日本労働組合、平均賃金引き上げ率3.8%で30年ぶりに最高値

1 min read

日本の主要企業が来年会計年度の平均賃金引き上げ率を約30年ぶりに最大の3.8%引き上げることで年次労使交渉を終えたと労組連盟レンゴが金曜日明らかにした。

労働組合によると、レンゴ傘下労組805カ所を対象とした予備調査で月平均11,844円(89ドル)引き上げたことが分かった。

調査調査方式の変化により、2013年以前の過去のデータと比較することは困難ですが、1994年以来初めて平均賃金が3%以上引き上げられたとRengo関係者は記者会見で述べました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく伝えるのに役立ちます。

今購読してください

READ  デジタルプラットフォームと競争する日本の書店、戦略を再考
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours