経済

日本労働組合は「男性中心」だ。 女性リーダーはそれを変えることができますか?

TOKYO – 日本の労働組合では、女性は決して歓迎されるべき家を見つけることができませんでした。 性差別が根を下ろしています。 職場での賃金差別やセクハラなどの問題はしばしば無視されます。 声のない多くの女性が運動をあきらめました。

そのため、日本最大の労働組合連合であるRengoが去る10月に初めての女性労働組合委員長を任命した時、興奮はかなりの懐疑論で和らげられました。

信任の代表である吉野智子は、その気持ちをよく知っています。 何十年もの間、労働運動に身を包んだ彼女は、日本の労働組合の失敗を誰よりもよく理解しています。 しかし、彼女は自分の任命を改革のための強力なツールにすることができると確信しています。

彼女はインタビューで「私がRengoのすべての活動に良性平等を含めたいという事実が多くの注目を集めた」としながら「実際の結果を見せて」というグループの会員組織に圧力を加えたと付け加えた。

労働組合が働く女性の強力な同盟になることを証明することは、かつて強力だった日本の労働運動の未来にとって非常に重要です。

女性労働者を採用するために、労働組合は、セクハラと差別に直面した女性を支持し、企業が子育てにさらに助けを与えるように圧力を加えるなど、女性が職場と職場の外で直面する重い期待を管理するのに役立つ。アクションのために戦わなければなりません。

日本は世界経済フォーラム(World Economic Forum)の順位で156カ国のうち120位を記録する世界最悪の性平等記録を保有しています。

職場問題を探索する女性を支援する非営利団体を運営している慶子 Tani 氏は、国の労働組合がこのような不均衡を反映していると述べた。

彼女は、例えば、女性は出産休暇のために罰を受けた後、しばしば助けが必要であると言いました。 しかし彼女はほとんどの労組が依然として夫が「一日24時間働いて家事、育児、その他個人生活を専門職の妻に任せる伝統的な家族構造を仮定する昔ながらの雇用モデルに焦点を合わせている」と話した。 主婦。」

1990年代にMs。 Taniと彼女の友人たちは、日本の労働組合の性差別主義に疲れすぎてやめ、労働組合を始めました。 彼女は、吉野の改革の成功を応援しながら、労働運動に対する生涯の失望が希望を捨てないように学んだと語った。

「労組は男性を中心に作られています」と彼女は言いました。 「リーダーがそのような枠組みを破って新しい変化を生み出すのは難しいでしょう。」

長年の労働者である伊藤みどり(Midori Ito)は、組合内の性差別が長すぎて、多くの女性が「完全に放棄」したと述べた。

彼女は、日本の労働女性が直面している問題に対する行動不足に対する欲求不満のため、数年前に労働組合運動から脱退した。 「彼らは私たちの言葉を聞かない」と彼女は言った。

日本の組合の問題は女性扱いで終わらない。 労働運動でジェンダーを研究しているムコガワ女子大学の人材育成教授であるカズナリホンダは、近年、米国で労働集団への関心が急増してきたが、労働集団はますます疎外され、多くの日本の労働者と関係ないと言いました。

いつもそうではありませんでした。 第二次世界大戦が終わった後から1970年代まで、組合は日本労働者の30%以上を占めました。

しかし、その数は70年代のエネルギー危機によって企業が規模を縮小するにつれて減少し始めました。 1990年代の経済成長が停止したとき、会員数はさらに減少しました。 解雇を恐れた労働者は保守的な要求をより多くし、賃金と労働条件の利得を雇用安定と合わせた。 かつて一般的な戦術だったストライキはほとんど消えた。

今日、労働組合は日本の労働力の17%しか占めていないため、意味のある変化をもたらすことは困難です。

労組の影響力が弱まるにつれ、日本経済のもう一つの勢力が浮上しています。 まさにこの国の伝統的な生涯職業モデルから抜け出す非正規職労働者です。

1980年代以降、日本の非正規職労働者の数は、2021年の16%である約2,060万人からほぼ37%に2倍以上増加しました。 65歳未満の女性労働者の割合は、過去数十年間でほぼ20%増加しました。

組合は長い間、非正規労働者を含むことを嫌がってきました。 なぜなら、組織は「正規」労働者の特権であるより良い給付とより高い給与を保護することに焦点を当てているからです。 不要な同僚を代弁することは、彼らが得ることがほとんどなく、経営陣との友好的な関係を危険にさらすという論理があります。

その関係は日本の労働団体の珍しい特徴だ。 ほとんどのグループは、米国などの業界や貿易ではなく、特定の企業を中心に構成されています。 そして、彼らはストライキのような劇的な行動を通して変化を強制するのではなく、安定した雇用を確保するために企業と緊密に協力する傾向があります。

雇用主を頻繁に変える臨時雇用者の場合、すぐに離れることができる職場を中心に組織されたグループに参加する動機はほとんどありません。

吉野氏は、これらの労働者が組織を構成するよう奨励するためには、約700万人の会員を持つ英語で日本労総として知られるRengoが、企業ではなく産業を基盤とする労組を強化するためにより多くの投資をしなければならないと述べました。

特に彼女は、グループがデパートやスーパーマーケットなどの非正規職の女性労働者を多く雇う職場に集中する必要があると考えています。

高校を卒業してミシンメーカーで仕事を始めた56歳の吉野さんは、1985年に日本の雇用平等法が通過し、雇用主が賃金格差をなくすまで性差別について大きく考えなかったと話しました。 彼女が受け取った大きな給与の印象は、女性がどれだけ遅れていたかを悟らせてくれたと彼女は言いました。

正規の従業員として、彼女は自動的に製造組合に追加されました。 活動家としての彼女のキャリアは小さな勝利から始まりました。 つまり、女性の制服の不可欠な部分であるリボンとベルトのコストを会社に支払うように組合を説得することでした。 1988年まで、彼女は会社の組合の20人で構成された執行委員会の最初の女性になりました。

次の数年間、彼女は両性平等に重点を置いて労組幹部に上り、結局レンゴの東京支店に上陸した後、グループ本部に移動して女性問題委員会を担当するようになりました。

吉野さんは、レンゴでトップポジションを提案されたとき、それを拒否することを真剣に考えたと彼女は言った。 日本で最大かつ最も成功した企業を代表する数千の労働組合から成るこの組織は、本質的に保守的であり、変化に抵抗します。 しかし、彼女は最終的に機会を拒絶することが自分のキャリアで彼女を助けた多くの女性を裏切ることであると決定しました。

彼女を最もよく知っている吉野さんは、仕事を扱う率直な投射で有名です。 レンゴの東京支店を率いる千木さいとは、「ほとんどの組合幹部が気まぐれに気まぐれになる傾向がありますが、彼女は自分が思うように言います」と言いました。

彼女は「日本の新聞で彼女を人形と言うのに笑いが出てくる」と付け加えた。 「誰かが彼女をコントロールできると思ったら試してみる必要があります。」

Rengoの首長として、Yoshinoの最初の主要な試験は、日本の組合が「shunto」または「spring attack」という年俸交渉を準備するにつれて、今春になるでしょう。

岸田文夫首相は、不平等を増やす「新資本主義」公約の一環として、雇用主に賃金を3%引き上げるよう促した。 目標は非現実的ですが、すべての視線は吉野さんに集中しています。

彼女はすでに彼女の最大の潜在的な同盟の一つである日本共産党から離れているかもしれません。 日本共産党は小さな政治集団ですが、労働運動の強力な力です。 吉野夫人は、彼女の政治的見解、特に彼女の反共主義的な修辞学に注目されています。

グループの自己労働組合であるZenrorenは、日本で2番目に大きい労働組合です。 2020年に任命された小畑正子という女性が率いる。

両グループが違いを克服できないかもしれませんが、それでも男女平等のための闘争で日本の最も強力な二人組を導く二人の女性があればある程度結果を生み出すことができるとオバタ氏は言いました。

彼女は「私は私たちがこの国の変わらない政治を変える強力な力になると思う」と話した。

READ  日本の巨大海運会社MOL、インドにセーリング、2隻の船舶への便を開始

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close