日本労働連盟レンゴは、2023年以降も賃金引き上げを追求しています。

Estimated read time 0 min read

東京AFP日本最大労働組合連盟の代表は、火曜日に今年の賃金引き上げが一回性で判明すれば不適切だと主張し、来年以降も追加賃金引き上げを促した。

労働組合は、賃金の引き上げを維持するために来年と翌年に追加の賃金の引き上げを要求するだろうと、レンゴ会長の智子吉野氏は記者たちに語った。

「私たちは今シーズンに一度の賃金の引き上げが適切だとは思わない」と彼女は言った。

「現状を打破するには、賃金が引き続き上昇しなければなりません。」

日本では、1990年代後半以降の一連の金融危機以後、労働組合が攻撃的な賃金引き上げより雇用安定をより重要にして賃金引き上げを阻害してきたと吉野は言った。

レンゴの予備データによると、日本の主要企業は今年の会計年度に約30年ぶりの最大印象率である3.8%の平均賃金引き上げで年次労使交渉を終えました。

連合労組805の労組を対象に事前調査した結果、月平均引き上げ率は1万1844円(88.97ドル)だった。

4月3日現在、レンゴの修正された見積りによれば、要求を提出したすべての組合のほぼ半分に相当する2,500の組合が平均3.7%の賃金を引き上げることができました。

組合員数が300人未満の小規模労組は3.42%で、10年ぶりに最大の増加幅を記録した。

吉野氏は、小企業は高価な材料費を転用し、利益を握り、より高い給料を支払うことが難しくなるため、大企業と同じ状況にないと述べた。

賃金の上昇と雇用のどちらが良いかを尋ねる質問に、彼女は特定の状況で雇用を優先することができますが、「難しい質問」と言いました。

($1 = 133.1300円)

READ  日本の次世代高級ブームは有利な為替レートのおかげで中国の買い物客が主導することができます
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours