経済

日本北海道地熱開発のための新規合弁事業計画

日本北海道函館市全景(出典:flickr/shirokazan、creative commons)

Mitsubishi Materials Corp.とパートナーRenovaとDaiwa Energy & Infrastructureは、日本北海道にEsan地熱プロジェクトを開発するための合弁会社を設立しました。

三菱マテリアルズコーポレーションは、今年6月末の発表で、RENOVA Co.、Ltd.とDaiwa Energy & Infrastructure Co.、Ltd.が新しいビジネスパートナーとして合弁事業を設立したと発表しました。

同社はHakodate Esan地熱に投資した。 江山地熱は2016年設立以来、北海道函館市江山地区に新規地熱発電所の開発を目指して事業開発を推進しています。

当社は、長年にわたって炭鉱及び金属鉱山の開発及び管理を通じて蓄積された豊富な経験と高い技術力を水力発電及び地熱発電に活用しています。 地熱発電に関連して、1974年に大沼地熱発電所(秋田県)が稼働を開始した後、住川地熱発電所(秋田県、1995年稼働)、わさび沢地熱発電所(秋田県)が2019年に稼働を開始した。 。 着工)及びアッピー地熱発電所(岩手県、2024年稼働予定)。

「地熱エネルギーなどの再生可能エネルギーの開発・利用促進」に取り組んでおり、本プロジェクトへの投資を通じて、当社の経験と技術力を活用して本プロジェクトの成功に貢献します。

私たちのグループは、「人、社会、地球のために」という企業哲学に基づいて脱炭素社会の創造に貢献することを目指しています。 私たちのビジョンを実現するために、地熱発電のような新再生可能エネルギー事業に完売します。

離散地熱は今後地熱発電所の開発を目指し、2022年に地熱資源調査を次のように始めた。

  • 調査場所:北海道函館市江山エリア
  • 調査内容:大口径測量油井掘削測量(油井掘削及び付帯工事) *
  • 調査期間:2022年4月~2023年2月(予定)

*本調査は、独立行政機関であるOilが行った調査です。 2022年、地熱発電資源調査事業費用補助交付事業にJOGMEC(Natural Gas and Metals National Corporation)で採用されました。 https://www.jogmec.go.jp/news/bid/content/300377678.pdf

源泉: 会社発売

READ  プーチンと中国の目標は、経済的苦痛なしに米国に抵抗することです

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close