トップニュース

日本北部に激しい吹雪が当たる可能性があります。

日本気象庁は、日本北部と日本北東部、日本海に面した地域に激しい吹雪が集まることを警告しました。

気象庁は二つの低気圧(一つは日本海上空に、もう一つは太平洋上空で東京を囲んでいる関東地方東側にある)が火曜日北東に移動しながら早く勢力を拡大していると明らかにしました。

北海道北部と東北北東部地域に雪と風が徐々に激しくなっています。

機関は、普通の気象パターンが北海道東部と日本海沿岸に一晩中降雪を起こし、一部の地域は吹雪条件に直面すると述べた。

最大風速は北海道と東北の東海側から時速90kmに達すると予想され、新潟県と東海沿岸でも時速約83kmに達すると予想されます。

荒い海が予想されます。 気象当局は、嵐津波が北海道の太平洋側の低地に洪水を引き起こす可能性があると警告した。

東北の東海側には水曜日の夜まで24時間、最大70cmの雪が、北海道と新潟には60cmの雪が降ると予想されます。

日本海に面した北陸地域と日本中部の長野県は50センチメートルになると予想される。 一方、日本西部京都を囲んでいる近畿地域には最大40cmの雪が降ると見られます。

気象庁は、天候パターンが金曜日まで続くため、この数値が大幅に増加する可能性があると述べました。

気象機関は、交通停止や雪崩による停電や電力ケーブルの漏電の可能性について警告しています。

READ  [독점]東京、今週末から3週間労働時間短縮の要求に「よりTokyo」中断または - TBS NEWS

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close