日本北部流氷に閉じ込められたシャチの群れが無事に脱出したようです。 YourCentralValley.com | KSEE24およびCBS47 KSEE24

Estimated read time 1 min read

山口まり、AP通信

18分前

東京(AP) – 日本北部北海道本島沖の流氷に閉じ込められ、環境団体の懸念を生んだシャチの群れが無事脱出したと水曜日の関係者が明らかにした。

シャチと呼ばれるシャチは、地元の漁師が火曜日の朝、北海道北東部の海岸ラウス近くの村の管理者に最初に発見しました。

市公務員は火曜日遅く海岸を訪問し、沖合から約1キロメートル(0.5マイル)離れた流氷に囲まれた小さな隙間で約12頭のクジラが上下に動いていることを目撃しました。

環境保護団体が撮影したドローン映像を分析した結果、管理者はそこでシャチ13匹を計算しました。

管理者は火曜日の夕方の海岸に戻り、フォードが北に移動したことを確認した。

関係者は、シャチの間のギャップが大きくなり、流氷から自ら離れることができたと信じていると述べた。

白柳は「私たちは彼らが安全に脱出できたと信じている」と話した。

環境保護団体がドローンで撮影し、NHK国営テレビやソーシャルメディアに掲載されたこの映像は、日本の内外でクジラの状態に対する懸念を呼び起こし、日本政府に助けを求めました。 ある団体は、彼らを救出できるように砕氷船を動員してほしいという要求を国防部に提出した。

閉じ込められたクジラは日本海域にあったが、日本とロシアが領有権紛争を繰り広げている島から遠くなかった。 日本は毎年北方領土の日を水曜日に指定し、ロシアが占領した島の返還を要求した。

第二次世界大戦の終わり日本から旧ソ連が奪ったこの島に対する紛争のため、両国は戦争敵対行為を公式に終える平和条約に署名できませんでした。 モスクワは、ロシアのウクライナ侵攻後、日本の制裁をめぐって日本との交渉を中止すると発表した。

林正正官房長官はこの日、記者たちに「シャチは日本で絶滅危惧種に指定されていない」とし「日本とロシアがこの問題について疎通している間、管理者が状況を監視している」と話した。

READ  中国のロケットコアは制御されていない再入可能性が高い
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours