トップニュース

日本南西部の島でシーズン初の大きなイルカの小鳥を発見





2022年5月18日、熊本県辻島の沖合で子インド太平洋大イルカが観察されている。 (写真提供:天草水産協同組合イルカ研究室)

KUMAMOTO – 日本南西部の島に生息するインド太平洋の大きなイルカ群れの中で、今シーズン初めて赤ちゃんイルカが確認されました。

今年から公式調査を始めた熊本県天草にある天草水産協同組合イルカ研究室でこの子牛を発見した。 インド太平洋大イルカの出生ピークは5月上旬から7月までです。 子イルカが発見された天草の津島島沖では、通常3月頃から子を見ることができるが、今シーズン初の確認は5月18日だった。

小児は発見当時、生後10日から2週間の間と推定され、体長は約90cmで2.5mまで成長する成体イルカの半分にもならない。 水泳をする姿が見られ、時には睡眠の上にジャンプしたりもしました。

天草地域は、人間が生息する地域に野生のイルカが生息する世界で珍しい地域です。 寿命は約40年ですが、若いイルカの約10%だけが最初の年を生き残ると推定されます。

研究を担当した高崎博美さん(44)は「赤ちゃんが無事に成長することを望む。天草を訪問してイルカを見て海の環境問題について学ぶことを願う」と話した。

(日本語オリジナル:吉川有久熊本局、動画提供:天草水産協同組合イルカ研究室)

READ  New Japan Cup 2022 結果(3/27): 優勝者選定

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close