トップニュース

日本南西部の温泉リゾートで川の上を優雅に「泳ぐ」鯉3,500匹

小国、熊本 – 日本南西部のこの町にある杜立温泉リゾートエリアを流れる対立川の上空で、約3,500匹の鯉の旗がエレガントに「泳ぎ」、観客を楽しませます。





鯉の旗が2022年4月9日熊本県小国市杜立川川上空で「泳ぐ」。 (Mainichi/Yoshiyuki Hirakawa)

杜立温泉観光協会によると、毎年開催される小いのぼり祭りは、コロナウイルス感染症の影響で2020年にキャンセルされました。 2020年7月に九州地域を襲った大雨で熊本県小国村の一部が被害を受けたため、この行事は2021年に縮小されなければなりませんでした。 今年も2019年と同じ量の装飾を展示できました。 コロナウイルスの拡散。

ストリーマーは5月6日まで表示され、夜7時から10時まで点灯します。

(日本語オリジナル:平川吉雪、九州写真部)

READ  斎藤裕が涙のベルト獲得朝倉未来は最初の敗北あざ - 格闘技:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close