トップニュース

日本原発再稼働支援、福島事故以来最高

元国際エネルギー機構(IEA)事務総長は、2011年の福島原発事故以後、日本で初めて原発再稼働に対する大衆の支持が60%を超えたと述べた。 エネルギー不足の可能性と「非常に寒い冬」を理由に聞いた。

田中氏は、現在、Cool Earth Forum議長は「日本国民の支持率は60%以上であり、福島事故後の原子力に対する支持が50%を超えたのは史上初めて」と述べた。 。 彼は2022年にグローバルスーパートレンドカンファレンスで講演しました。

岸田文夫日本首相は去る5月、エネルギー供給と価格安定のためにアイドル原子力発電所を再稼働するための断固たる措置を取ると発表した。

2011年、福島第1原子力発電所は大規模な地震と津波によりほぼ16,000人が死亡し、1986年チェルノブイリ以来世界最悪の原子力災害を起​​こしました。

日本の国民の間で原子力エネルギーの使用について疑問があるが、特に原子力発電に関する限り 安全上の問題田中氏は、原子力の未来がより安全であると言って、リスクを最小限に抑え、原子力の「平和な使用」を維持することの重要性を強調した。

エネルギー危機

田中氏は、日本が原子力を保有していない場合、「今年末までに深刻な問題」の可能性に対する国民の支持の増加を聞いた。

田中氏は、日本がエネルギー供給を確保したいと考えているが、2050年までに炭素中立に達するよう努めており、バランスをとることはますます困難になる可能性があると述べた。

原子力は次のように宣伝された。 脱炭素化のための重要なオプション

彼は「日本は2050年まで炭素中立目標をそのまま維持しながらエネルギー、特に電気の供給を確保しようとしている。したがってこれは日本が多くのことをするための挑戦」と話した。

CNBC Proのエネルギーの詳細

READ  日本のサントリーの最高経営責任者(CEO)は、ファンレス東京オリンピックによる経済的損失は、「巨大なレベル」になると述べた。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close