日本反独占監視団体、IPO過小評価について証券会社に警告

1 min read

コロナ19(COVID-19)が大流行する中、東京証券取引所(TSE)で2022年取引開始を記念する新年式後、株価指数価格と米ドルに対する日本円為替レートを表示するモニターが見えます。 日本東京2022年1月4日。 REUTERS/Issei Kato

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、1月28日(ロイター) – 日本の反独占規制機関は、金曜日に証券会社が政府が経済復興を支援するために依存しているスタートアップ企業に有害な慣行である企業公開(IPO)価格を故意に過小評価する場合、違法に行動できると言った。

公正取引委員会(FTC)は、IPOが過小評価される可能性があるという懸念を解決するために価格設定手続きを目指し、上場時株価が証券会社の顧客に有利ですが、スタートアップは犠牲になる可能性を高めました。

この警告は、政府がユニコーン企業が12社未満の世界3位の経済または企業価値が10億ドルを超えるスタートアップを活性化する方法を模索しながらスタートアップの育成に努めてきたものです。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

FTCは、報告書において、主要買収会社が優秀な交渉の地位を利用して一方的にIPO価格を低く設定すると独占禁止問題を引き起こす可能性があると述べた。

しかし、FTC調査の結果と、スタートアップやブローカーとのインタビューに基づく報告は、規制当局がそのような慣行の特定の事例を見つけられなかったことを示しています。

証券業界団体である日本証券業協会(JIS)はスタートアップが初めて提起した問題に対応して価格決定過程を検討している。 もっと読む

産業グループの最高経営責任者(CEO)であり、Nomura Holdings Inc(8604.T)の主要証券部門の責任者であるToshio Moritaは、グループがおそらく2月に推薦することを先週述べました。

Moritaは、推奨事項には、上場プロセスを短縮し、価格設定メカニズムをさらに柔軟にすることが含まれると述べた。

東京証券取引所のスタートアップマザーズマーケットでIPO価格よりもはるかに高い価格で株式デビューをすることは珍しくありません。

ブローカーは、時価総額が非常に小さい検証されていない会社の株価が大きく揺れる傾向がある、Mothers市場の高いボラティリティによって大きなギャップが発生したと説明しています。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

山崎真彦の報告 Mayu Sakodaの追加報告。 クリストファークッシングの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本は次の伝染病によく準備する必要があります
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours