日本国会では、原子炉の再稼働が主な課題とみなされる

Estimated read time 1 min read

政治


東京、3月10日(Jiji Press) – 深刻な原子力事故を招いた2011年3月、地震と津波から13年が過ぎた今、岸田文雄首相政府はアイドル原子炉の再稼働に向けて動いています。

しかし今年1月1日、日本中部石川県能登半島で発生した強力な地震は、地震や津波が原発事故につながる複合災害の危険性をもう一度目覚めた。

旧正月地震は石川県鹿町北陸電力のシカ原子力発電所近くで発生しました。

専門家らは、原子炉の再稼働に関する問題が今回の定期国会である国会で再び主な議題として再び浮上する可能性があると述べ、野党は原発事故に関する現在の避難計画に対する批判を強化していると専門家らは述べた。

2011年3月の災害により、日本北東部にある東京電機電力会社ホールディングス株式会社の福島第1号原子力発電所で前例のない三重溶解が発生しました。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  Macquarie、Japan Climate Leaders」Partnershipに参加
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours