トップニュース

日本国境閉鎖でグランプリ決勝戦をキャンセル

フィギュアスケート – ISUフィギュアスケートグランプリ – NHKトロフィー – 代々木国立競技場第1体育館、日本 – 2021年11月13日ガラ展で日本の坂本香織が活躍しています。 REUTERS/Issei Kato

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

東京、12月2日(ロイター) – 冬季オリンピックにつながる主要フィギュアスケート大会の一つであるグランプリファイナルは、日本が今週初め外国人訪問者に対する国境を閉鎖した後、キャンセルされたとスケート関係者が木曜日明らかにした。

日本は、月曜日の新しいコロナウイルスの亜種であるオミクロンの出現に照らして、約1ヶ月間、新しい外国人入国者への国境を閉鎖することによって、世界中で最も厳しい措置を講じました。 もっと読む

12月9日から12日まで西部大阪で開かれる予定だったグランプリ決勝戦は、長年来年2月4日から20日まで北京で行われる冬季オリンピックへの道で重要な歩みとされてきた。 一ヶ月以上続く一連の大会で、世界最高のスケーターを一堂に集めました。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

グランプリシリーズを運営する国際氷上連盟(ISU)は、日本氷上競技連盟から大会を開催できないという通知を受けたと明らかにした。

ISUは声明で「残念ながら、旅行制限、検疫要件、安全問題、物流問題などの複雑な感染症の状況を考えると、大会組織は非常に難しかった」と語った.

アメリカのNathan Chen、Vincent Zhou、Jason Brown、ロシアのMikhail Kolyadaが、すべて日本のKagyama Yuma、Shoma Unoと一緒に男子リストに名を連ねました。

女子シングルは日本の坂本香織とロシアの5人のスケーターが競うことにした。

グランプリシリーズは2020年、ほとんど地域形式で行われ、決勝戦はなかったが、ISUは今年他の可能性を示した。

ISUは「ISUはシーズンが終われば大会開催が延期される可能性を検討し、できるだけ早く決定を下す」と話した。

今年3番目に開かれるカップオブチャイナもコロナ19余波で物流問題で取り消された。 それはGran Premio d’Italiaに置き換えられました。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

Elaine Liesの報告。 Peter RutherfordとKen Ferrisの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ファンデミクはオリンピック期間中、日本の外交的希望を悪化させる

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close