日本国民の60%「北京オリンピックを楽しむことはありません」:毎日の世論調査

Estimated read time 0 min read



このファイルの写真には、東京新宿区のオリンピックのロゴが見えます。 (毎日/丸山博)

日本国民の約60%は「北京冬季オリンピックを楽しむつもりはない」と答え、23%は「関心がない」と答えた。

1月22日、毎日新聞と社会調査研究センターが実施した世論調査で2月4日開幕する北京オリンピックに対するアンケート調査で「期待される、期待される」という回答は17%に過ぎなかった。 「60%は「中国の人権問題やコロナウイルス感染状況などの問題のため、ゲームを楽しむことができないようだ」と回答しました。 回答者の23%は「関心なし」でした。

香港と腎臓ウイグル自治区を取り巻く中国の人権問題に対する日本の批判は根深い。 日本は大会に政府代表団を送らないだろう。 代わりに橋本聖子東京オリンピック・パラリンピック組織委員会委員長をはじめとする関係者が参加する予定だ。

今年9月は日本と中国の国交正常化50周年となる年だ。 両国関係が改善されることを望むかどうか尋ねる質問には、「そうだ」が44%、「いいえ」が37%、「全くない」が18%だった。

(日本語原文:伊藤七恵、政治ニュース部)

READ  TikTokとTohoがTikTok TOHO映画祭2021のために、チームを構成します - 応募開始
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours