日本国防長官、より多くのドローン対応技術要求

Estimated read time 1 min read

東京 – 金曜日、日本国防総省は、中国のソーシャルメディアに掲載されたドローン映像で、日本の空母が東京西部の限られた港に停泊する様子を見せると、日本に大ドローン能力を強化するよう促した。

木原みのる国防長官がドローンで撮影した映像で、日本のヘリコプターの母艦2台のうちの1人であるJS出雲が、中国軍に対抗して日本の反撃能力を強化するためにステルス戦闘機を搭載するよう改造されるシーンこれが出てから1ヶ月余りが過ぎてこそ、この脆弱性を認めたのです。 インド太平洋地域での活動。

日本海上自衛隊横須賀海軍基地の工場、建物、施設を示す映像も去る3月、中国のソーシャルメディアサイトに掲示され、これにより自衛隊関係者らの調査が触発された。 ビデオは、以前にTwitterとして知られているXなどの他のプラットフォームにも公開されました。

ギハラは記者たちに「映像分析の結果、映像が飛び回るドローンによって撮影された可能性が最も高いという結論に達した」と話した。

長官は「我々は調査結果を非常に深刻に受け入れている」と付け加えた。 「ドローンが国防施設に被害を与えた場合、韓国国防に深刻な支障を招く可能性がある。」

キハラは、セキュリティ上の理由から、ドローンがどのように検出されずにフラットトップの上に飛ぶことができるかについての言及を拒否しました。 ただしドローンなど無人移動体の急速な技術発展に対応する必要性を強調した。 彼はまた、軍事基地周辺の防衛を強化することを約束した。

日本は、より有能なアンチドローン装備の導入努力を加速し、電波妨害によるドローン強制着陸などの対応策を強化すると述べた。

この発展は、日本が2022年に採用された持続的な安全保障戦略に従って長距離ミサイルで軍事力の強化を加速することによって行われました。 JS Izumoはこの戦略で重要な役割を果たしています。

2015年には放射能跡が入った小型ドローンが首相室の屋上で発見され、無人システムがテロ攻撃に活用される可能性に対する懸念が触発された。 この事件は怪我や被害を引き起こすことはありませんでしたが、ドローンの所有者は業務妨害の疑いで有罪判決を受けました。

その後、主要な公共および外交地域はもちろん、原子力施設の上でもドローン飛行が制限されています。 ドローンは産業、調査、構造、セキュリティの目的で広く使用されていますが、これらの技術に関連する違反件数も急増しました。

READ  ウォッチドッグ、2021年のオンラインアニメーションとマンガ不法複製で2兆円の損失が発生
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours