トップニュース

日本国防長官、ロシアとの飛行について中国に懸念を表明

岸野武夫防衛賞は日曜日、中国に最近、中国とロシアの爆撃機が日本近くで合同飛行したことについて懸念を表明した。

KishiはシンガポールでWei Fenghe国防総省に会った後、記者たちに中国が東シナ海と南シナ海で「自制」を要求し、「現在の状態を武力に変えるための一方的な試み」について強い懸念を表明した。

写真を合わせた写真は岸信夫日本防衛賞(左)とウェイパンホー中国防衛賞。 (刑務所)

一方、岸の広報担当者によると、両大臣は「日中関係が関心事なので、率直なコミュニケーションが必要だ」と話した。

KishiとWeiは、シャングリラの会話とも呼ばれる日曜日まで、3日間のアジア安全保障サミットの隣で会いました。 今回の会談は2019年12月以降、南北韓国防長官の初対面会談だ。

日本防衛省によると、先月末、中国とロシアの戦略爆撃機6隻が日本海、東シナ海、太平洋上空を長距離飛行したと日本と米国が首脳会談で抗議するものと見られる。 アメリカ、オーストラリア、インドが同日東京で開かれた。

共同飛行のような北京とモスクワの「一連の共同行動」はまだ続いているとキシは付け加えた。

協議はまた、中国の船舶が東シナ海の尖閣諸島付近の海域に繰り返し侵入して行われた。 東シナ海は、中国がDiaoyuと呼ばれる東京が統制し、北京が領有権を主張する無人島です。

岸をはじめとする日本の管理者は最近、中国軍の日本近郊活動に懸念を表明した。 これには先月計12日間、台湾に近い沖縄南部付近の中国航空母艦遼寧艦で戦闘機が離着陸する過程が含まれた。

中国が台湾への軍事的圧力を維持している中で、KishiはWeiに台湾海峡の平和と安定も国際社会にとって重要だと語った。

先月、ジョーバイデン米大統領は、中国が武力で占拠しようとする場合、民主主義の島を防御するという意志を表明し、議論を起こした。 この発言は台湾を守るかどうかに対するワシントンの「戦略的曖昧性」政策で断絶を示すように見えるが、ホワイトハウスは米国政策に対するいかなる変化も否定している。

土曜日、韓米日国防長官は会談後に発表した共同声明で「台湾海峡の平和と安定の重要性」を強調した。

3局国防長官会談で台湾を言及したのは今回が初めてだ。


関連する適用範囲:

日本、中国長期外交戦略チームを新設

日本、中国に平和のために「責任ある役割」を促す

中国軍、日本反撃能力の標的になることができる


READ  岩手盛岡で震度5約 - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close