日本地上軍が新たな電子戦部隊を発足

Estimated read time 1 min read

日本陸上自衛隊は、月曜日、電磁波能力を強化している全国に散在している関連部隊を管理するために、新しい電子戦部隊を創設したと明らかにした。

全国的に約180人で構成された部隊は、潜在的な敵の通信やレーダーの放出を検出して分析する任務を担います。 また、要求時に敵の通信やレーダーを妨げる役割もあります。

2022年3月27日に撮影された写真は、沖縄県で地上自衛隊の最先端の「ネットワーク電子戦システム」(NEWSと呼ばれる)を示しています。 (刑務所)

部隊の打ち上げ記念式は、月曜日部隊本部がある東京と埼玉県にまたがる陸上自衛隊の朝香キャンプで行われた。

中曽根康太(Yasutaka Nakasone)国防部次官は、イベントで「部隊全体が私たちの能力を最大化するために敵の能力を効果的に抑制することが重要だ」と話した。

部隊司令部は中国とロシアの軍事力増強に直面し、宇宙、サイバー空間とともに電磁波分野の力量向上が緊急な状況に対処するため、3月17日に設立された。

部隊は敵の電波を統合的に収集・分析・乱す地上軍の「ネットワーク電子戦体系」(NEWS)を運用する予定だ。 潜在的な敵に対する情報優位を確立することを目指します。

部隊長である角田弘光大佐は「新しい分野の力量強化は、既存領域とのシナジー効果を達成し、状況に適切に対応するために重要だ」と述べた。

国防省は、電磁波スペクトル、宇宙空間、サイバー空間が国家間の軍事的バランスを維持し、国家の国防能力を強化するために重要であると報告しています。

昨年から国防部は日本全土の守備隊に電子戦部隊を設置したが、主に沖縄・九州の南西部に駐留していた。 以前は日本北部本土である北海道にたった一つの部隊しかありませんでした。

そのような戦争の例として、ロシアは2014年にクリミア半島侵攻でウクライナ軍の通信を妨げるために電子攻撃を開始しました。

国立国防研究所(National Institute for Defense Studies)によると、中国軍は合同作戦能力を強化するため、既存の地上軍、海上軍、空軍力を宇宙、サイバー、電磁および認知領域とますます統合しています。


関連する適用範囲:

日本と米国の離島防御訓練がマスコミに公開された。

日本自衛隊、サイバー防衛隊を新設

米・日、F-35ステルス戦闘機初合同訓練実施


READ  GE、日本に台風防止海洋タービンインストール推進
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours