日本地価2022年2年連続上昇 – 税務署

Estimated read time 0 min read

東京:2022年日本の地価が2年連続上昇したと日本国税庁が月曜日明らかにしました。

国税庁の調査によると、平均土地価格は昨年1.5%上昇し、2021年には0.5%上昇した。

感染症は、危機がオフィスやホテルの需要を害し、6年ぶりに土地価格が下落した2020年に不動産市場を襲った。

景気回復が都市を超えて広がり、全国47県のうち25県で平均土地価格が上昇したことが調査の結果、前年度20県よりも上昇したことが分かった。

日本北部北海道は県庁所在地である札幌市とその周辺地域の商業及び住宅用土地需要に支えられ、6.8%の最大上昇率を記録した。

2021年の27県に比べ、昨年は20県で価格が下落しました。 2つの県で価格は変動がありませんでした。

日本で最も高価な場所である東京の華やかな銀座ショッピング街にある敷地は、2022年に平方メートル当たり4,270万円($295,440)で1.1%上昇し、3年ぶりに初めて上昇しました。

インバウンド観光の復帰への希望は価格を高めるのに役立ちました。 調査によると、銀座は38年連続で全国最高価格の地域を維持しました。

大流行期間中、日本観光は2年以上ほぼ中断されたが、昨年末、政府が多くの国に対してムビザ旅行を再開した後、訪問者数は着実に回復しました。

国税庁は毎年1月1日基準で土地価格を評価し、その年に取得した財産に対する相続税・贈与税を算定する。 調査は320,000以上のプロットをカバーしました。

($1 = 144.5300円)

READ  ドルが世界通貨を襲うにつれて、すべての国はそれ自体です。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours