トップニュース

日本地熱進出アップストリームオンライン

日本コンソーシアムが日本の本島本州にある山岳地帯北部の秋田県で新たな地熱プロジェクトを推進しています。

Inpex、Mitsui Oil Exploration Company(Moeco)、およびIdemitsu Kosanのコンソーシアムは、小山地区のKatsumuri Yama山の中腹に14,990 kWの地熱Katatsumuri Yama発電所の建設を開始することにしました。 この施設は2027年3月に商業稼働を開始する予定だ。

二重フラッシュ方式の地熱発電所は、2018年9月に設立された日本の3人組が資金を調達した会社である大山ジオサーマルが運営する予定です。

二重フラッシュ地熱発電所は、単一のフラッシュ地熱発電所よりも高い出力を生成しますが、コストは高くなります。 二重フラッシュ方式は、より多くの配管、第二セパレータ、低圧および高圧蒸気タービンが必要であるため、単一のフラッシュよりも高価である。

2011年以来、Inpex、Moeco、Idemitsu Kosanは、大山地域の地下資源の共同調査、これらの資源規模の検証、経済評価など、地熱プロジェクトの潜在的な商用化に関する研究を行いました。 この調査研究は、準政府機関であるジャパンオイル、ガス​​とメタルズナショナルコーポレーション(Jogmec)の補助金として支援されました。

Katatsumuri Yama地熱発電所の建設はJogmecの融資保証としてサポートされる予定です。

記事は広告の下に続きます。

草の根施設で生産された電力は、FITシステム(FITシステム)に従って認証されます。 (15年間40円(29.8 USセント)+キロワット時当たり税。

2021年3ヶ月間の生産試験データ評価の結果、約15MW規模の地熱流体(蒸気、温水)の生産が長期的に安定的に可能であると見込まれる。

インフェックスは「また、環境にやさしく、周辺の景観と調和する設計で、三社がカタツムリヤマ発電所の建設及び運営を地域に寄与する施設として推進するだろう」と述べた。 氏名。

地熱エネルギーは、天候の影響を受けずに安定的に電力を供給できる再生エネルギー支援で、近年では「ますます」大きくなってきていると指摘した。

インフェックス関係者は「3社は今後も再生可能エネルギーの普及拡大を積極的に推進し、日本のエネルギー安全保障と低炭素社会の実現に寄与するだろう」と付け加えた。

コンソーシアム投資の割合は、Idemitsu KosanとInpexがそれぞれ42.5%、Moecoが15%です。

Jogmecは、「日本の産業基盤、経済的繁栄、人々の日常生活を維持し、強化するために」エネルギーと鉱物資源の安定的で安価な供給を確保することが最優先事項であると述べた。

READ  日本、気候変動時期に桜まつりに集まる

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close