日本外交官、チュルキエとの関係100周年が近づいて友好を強化すると誓う

1 min read

アンカラ

日本外務次官は、2024年が両国修交100周年となるチュルキエとの関係を強化すると火曜日に約束しました。

Yamada Kenjiは、Anadoluとのインタビューで、「(Türkiye)共和国建国100周年という重要な年に、多くの国民の支持を受けた大統領(Recep Tayyip Erdogan)の再選を心からお祝いします」と述べました。 Erdoganの宣誓式に出席するためにトルコの首都。

彼は「レジェフ・タイフ・エルドアン大統領の再選で両国の友好関係が強化されると知っている」とし「関係をさらに強化する計画」と付け加えた。

ヤマダは、トルコ人が日本が好きだと長い間知られてきたと述べた。 日本は1890年に親善航海を終えて帰国している間、和歌山県の海岸で沈没した時、オスマン・フリゲートErtugrulの船員と役員を救うために多くの努力を払いました。 日本。

トルクと日本関係の始発点に挙げられるこの事件で所蔵1人を含めて533人の船員と役員が死亡した。

難破船に近い柏崎の日本人村人たちは、69人のトルコ船員を救助しました。 生存者は後に日本のコルベット艦KongoとHiejに乗ってイスタンブールに戻りました。

山田はまた、イランとイラクの戦争中にテヘランに閉じ込められた日本の市民が1985年にトルコ航空機で避難したと述べました。

当時、Türkiye大統領Turgut Ozalの命令から始まったこの救助活動は、日本で忘れられなかったと彼は言いました。

相互支援を通じて強化された友情

2011年日本を揺るがした大地震以後、チュルキエは直ちに緊急救助隊を派遣し、外国の乗組員の中で最も長い期間滞在させ、チュルキエで地震が発生すれば「私たちも積極的に国家を支援する」と付け加えた。

彼は2月6日、大規模な地震以後、南部のチュルキエを訪問したと述べ、「相互援助を通じて友好関係を強化した」と話した。

山田は、地震で5万人以上の命を失ったことを再び嘆き、災害ニュースが伝えられた後、「私たちは国際緊急救助、医療チーム、専門家を迅速に配置し、再建努力に貢献しようとしました」言いました。

山田は、地震の震源地であるカラマンマラッシュ地方を訪れる間、地震被害者に会う機会があったことに注目し、日本もこの地域の再建努力を支援すると述べました。

彼は、1995年と2011年に日本で発生した2回の大震災で、多くの人々が死んで怪我をしたと言い、日本は過去数年間、地震を含む多くの災害を克服したと付け加えた。 「私たちはトルコ人と同様の経験を共有しています。」

最近、イスタンブールに設立されたトルコ – 日本科学技術大学について、山田は開校過程のあらゆる段階で説明を受け、さまざまな分野での相互交流がさらに増加すると期待していると述べました。

チュルキエで活動する日本企業の数が250社以上に増加したことに注目し、ヤマダは両国が関係を強化し、2013年に経済、文化、そして教育。

Anadolu Agency Webサイトには、AAニュース放送システム(HAS)で購読者に提供されるニュース記事の一部のみが要約された形式で含まれています。 サブスクリプションオプションについては、当社にお問い合わせください。

READ  幸せの休息:あなたの体に合わせてください
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours