トップニュース

日本外務大臣、ポーランド – ウクライナ国境検問所訪問

林吉正日本外務大臣は、日曜日、ポーランド南東部のメディカ国境検問所を観察した。 そこには日本がロシアの侵略に包囲された東ヨーロッパ諸国に対する人道的支援を強化するために準備しているウクライナ難民が到着している。

前日岸田文夫首相の特使資格でポーランドに到着した林は難民収容所も訪問した。

ヨシマサハヤシ日本外務相(一番右)とドミトロクレバウクライナ外務長官(一番左)が2022年4月2日、ワルシャワで会談を行っている。 林のポーランド訪問はロシア侵攻を避けて逃げるウクライナ人を助けるためのものだ。 (水泳場の写真)(刑務所)==刑務所

土曜日に、彼はウクライナのドミトでクレバ首相と会談し、ウクライナを支援するという日本の「断固とした決意」を確認しました。

ポーランドの首都ワルシャワで開かれた会談で、林は日本がウクライナ国民と一緒にしており、ロシアの侵攻で人生が送り返された民間人にさらに人道支援を提供する準備ができていると外務省に語った。

林はまた、一ヶ月前にウクライナを侵攻したロシアに対して国際社会が団結して断固として行動しなければならないと述べた。

ウクライナの平和を望む日本の子供たちの絵をプレゼントにもらったクレバは、ロシアに対する日本の支援と制裁について日本が感謝していると話したと外交部は伝えた。

林は5日間の旅行を終え、ウクライナ政府を通じて日本に避難民を連れて行く計画だ。

Kulebaとの出会いの後、Hayashiはワルシャワのウクライナ難民保護所を訪問し、彼らがどのような助けを求めているかを学びました。

Hayashiは記者たちに日本政府が「できるだけ早く元の生活に戻ることができるように最大限の支援を提供します」と東京は日本に来たい人を空手する準備ができていると話しました。

この問題に精通した消息筋によると、林と一緒に日本に旅行する避難民の数は約30人であることができます。

消息筋によると、2月24日に侵攻が始まって以来、航空料が暴騰し、現在ポーランドにあるウクライナ人が望んでも日本に逃げにくい状況で、日本は政府航空機を使用する計画を立てました。

はやしの訪問は、戦争で被廃された国で230万人以上の難民を受け入れたウクライナとポーランドを助けるための国際的な努力に対する日本の意志を示すためのものです。

日本移民局によると、日本は3月2日から水曜日まで計337人のウクライナ難民を受け入れた。

READ  バスケットボール:日本ガード町田ルイ、WNBAワシントンミスティクスと契約

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close