経済

日本外務大臣、マナロに電話

林吉正とエンリケマナロ日本とフィリピンの外交長官は、水曜日の午前中に電話でフェルディナンド・R・マルコスJr.

林は日本の「自由で開かれたインド太平洋」戦略を提示しました。 これは、日本と日本の戦略的仲間関係に合致するために殺害された安倍晋三日本首相が初めて提示したアイデアでした。

日本のFOIPアイデアは、自由で開放されたインド太平洋地域を「国際公共財」として開発し、「ルールベースの国際秩序」が遵守されるようにすることです。 日本はアセアンをこの二つの海洋のディアスポラの中心と見ています。

ジュマニラ日本大使館はマナロが「様々な議題に対するコミュニケーションを継続し、両国関係をさらに発展させる」と約束した。 マナロは日本を「地域の重要なパートナー」と見なしています。

Hayashi氏は、東京がマニラのファンデミック以来、経済回復と「中上位所得」としての地位を高めるという野心を支援するために、協力の「新しい範囲」を確認したいと述べた。

日本大使館は「林長官は農業、エネルギー転換、災害リスク減少、デジタル分野で協力を進展させるという意味を表明した」と明らかにした。 両大臣は、日本の自衛隊とフィリピン国軍の間の軍事訓練を強化または促進するなど、防衛協力関係を発展させていくことにした。

続いて「両大臣はロシアのウクライナ侵略、東シナ海及び南シナ海情勢、台湾とミャンマーをめぐる地域的・国際的懸案について意見を交換し、こうした懸案について共に協力していくことにした」と話した。 「と大使館は付け加えた。

画像クレジット: AP/アロンパビラ

READ  女性が行ったことのない道を思い切って行く日本のCEO

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close