日本大中国人教授中国書が行方不明

Estimated read time 1 min read


北京、4月22日(支持通信) – 昨年、臨時帰国した日本アジア大学中国人教授が行方不明になったことが月曜日に確認された。

林吉正日本官房長官は、東京で開かれた記者会見で、政府が行方不明教授パンユンタオに関連した事件を知っていると述べた。

この問題に精通した消息筋は、中国当局が版(61)氏を拘禁した可能性があると述べた。

林教授は「その教授は長い間我が国の大学で講義をしてきたが、今回の事件が人権と関連があり、礼儀注視している」と話した。 彼はこれ以上のコメントを拒否した。

ワンウェンビン中国外交部スポークスマンは記者会見でこの事件について知ることはないと述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  科学は日本の福島廃水排出を導くべきです:PIF
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours