トップニュース

日本大使、タリバンシニアマネジメントに会う

アフガニスタン駐在日本大使がタリバン過渡政府副首相代行と会談を行った。

日本政府の消息筋によると、岡田隆史大使は火曜日、カブールでアブドゥル・カビルと初めて会談を行った。

彼らは、カビルはタリバンの過渡政府が日本を含む他の国々との関係を強化したいと言ったと述べた。

岡田は日本で人道的支援をする人員の安全な通過を求めただけでなく、過渡政府に女性と少数民族の権利を尊重するよう促したと伝えられた。

彼は、様々な民族グループを含む政治的枠組みの作成を求めたでしょう。

日本政府はカタールにアフガニスタン臨時大使館を設置した。

岡田は、カブール駐在大使館は、国家の安全が完全に確保されれば、再び扉を開くと明らかにした。

今回の会談はドイツとオランダ代表団が今月初め、アミール・カン・ムタキ・タリバン外務長官代行と会談を行った中で行われた。

米国特使は来週、カタールでイスラム団体の上級管理に会う予定です。

READ  1200年にピークを迎えた日本の桜

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close