日本大使館、バシランで「Aspire」プロジェクト開始

Estimated read time 1 min read

ジュマニラ日本大使館は去る10月5日、バシラン・イサベラ市で開かれたBARMM(Aspire)プロジェクトの人類安全保障発展のための安保、平和、統合及び回復支援開幕式を主導した。

小川和彦日本大使が事実上出席

Aspireプロジェクトは日本政府が5億7900万日本円相当の無償援助を通じて資金を支援しており、国連開発計画(UNDP)によって施行されています。 このプロジェクトは、個人所有の小型軽量武器(SALW)の管理と削減のためのシステムを構築し、MILFとフィリピン政府が共同で選定した対象コミュニティの住民の社会経済的発展を支援することを目的としています。

小川和彦日本大使が事実上出席

Basilanは、Hataman知事の強力なリーダーシップの下でのSALW管理の以前の経験のため、利害関係者間の一連の議論を経て確認されたパイロットサイトの1つでした。 コシカワ大使は映像メッセージを通じてフィリピン政府共同正規化委員会(JNC – GPH)、平和、和解、団結に関する大統領諮問室(OPAPRU)、共同正規化委員会の強力な意志と支援に感謝を表明しました。 委員会 – モロイスラム解放戦線(JNC – MILF)、フィリピン国軍(AFP)、フィリピン警察(PNP)、バシラン、UNDPは、ステークホルダー間の議論を段階的に促進するための継続的な努力に感謝します。

コシカワ大使は、フィリピンだけでなく、地域全体の平和と安定に対するミンダナオの重要性を認識し、「ASPIREによるパイロットサイトの開設は、解体と正規化の目標に向けたもう一つの決定的な段階」と述べた.

日本は20年以上にわたり平和プロセスに貢献してきました。 今日まで、日本放射線の再建開発イニシアチブ(J-BIRD)に基づいて、100以上のプロジェクトで5億1,500万ドル以上が行われています。 日本は平和プロセスの進展とミンダナオの発展のための支援を続けて約束しています。


READ  日本、早ければ2025年からほぼすべての医薬品オンライン販売を許可
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours