経済

日本大使館、教室ブロック建設のため2機関とMOU締結

日本大使館は、GGHSP(Grant Assistance for Grassroots Human Security)に従って2つの教室ブロックを建設するために、2つの機関と合計$ 184,406の了解覚書(MoU)を締結しました。

サバンナ地域の中央ゴンジャ地区にそれぞれ1つずつ、北部地域のKpandai地区にある2つの教室ブロックはそれぞれ$92,112および$92,294です。

主体は脆弱な階層福祉能力向上(CIWED)と北部地域のクパンダイ地区議会です。

昨日、アクラで開かれた調印式で、道月久信ガーナ駐在日本大使は、自国の公的開発援助(ODA)活動が地域社会に影響を及ぼす問題を特定し解決するために支援してきたと述べました。

「これがGGHSPプロジェクトが、NGOや地域レベルで地域の公共機関の支援を受けて、地域社会自体で識別された優先順位と一致する理由です」と彼は言いました。

日本大使によると、プロジェクトの成功した実装のためにコミュニティと他の主要な利害関係者との協力のためのプラットフォームも提供しました。

彼は署名式が地域社会の子供たちの将来に投資する過程を始めることだと述べました。

彼は、「これら2つのプロジェクトがインフラの格差を解消するのにかなりの貢献をし、学校の子供たちが都市部の同僚と競争できることを願っています」と付け加えました。

ヒサノブ氏は、日本がGGHSP計画を通じてガーナの教育、保健、水資源、衛生施設、農業、女性の能力強化など、いくつかの草の根プロジェクトの支援を提供したと述べた。

彼は、ステークホルダーがプロジェクトの実装を成功させるために協力し、長い間その目的を達成することを促しました。

CIWEDの取締役であるBaako Abdul-Fatawuは、この契約は両国間の教育と訓練の協力を拡大する機会を提供したと述べた。

彼は、大使館が公共サービスに焦点を当てたため、インフラが完成し、完全に活用されれば、KpatiyaとBombareはもちろん、2つの地域の隣接コミュニティにもサービスを提供するだろうと付け加えました。

彼は、大使館の指示に従ってプロジェクトの報告書の形で定期的な更新が提供されると説明し、プロジェクトの目標を達成するために補助金を慎重に使用することを約束しました。

READ  日本の大学入学の英語試験の改革、経済的、地域的格差に萎縮

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close