トップニュース

日本大学、日本企業社長大学院ランキング1位

日本データ

経済教育学会


日本大学の巨大学生会は、日本の将来企業の社長を教育する上で圧倒的なリーダーになりました。

信用調査機関である東京ショコリサーチ(Tokyo Shokō Research)が企業データベースを分析した結果、2021年基準で日本全域の企業リーダーは20,890人で日本大学を卒業したことが分かった。 11回にわたってアンケート調査を実施した結果、日本大学は継続的に1位を占め、2021年には同門のうち2位と3位を占めた京王大学と早稲田大学よりほぼ2倍に近い総長を保有しています。 2021年5月基準で日本大学の学部生は66,036人、慶應義塾大学は28,667人、早稲田大学は37,912人です。 全体的に、会社の会長を排出する主要な大学は、巨大な学生会を持つこの種の機関です。

下の上位20位圏には国立大学が2つだけです。 東京大学が10位、京都大学が20位です。 東京大学は2019年に初めて10位圏に入り、過去3年間でその場を維持しています。

同門中会長数基準上位20大学

作成者 Nippon.com Tokyo Shokō Researchのデータに基づいています。

日本大学はまた、日本の18県で会社の社長を輩出した最高の大学でした。 この大学は特に東日本の県の間で強いです。 一方、西日本では、地方国立大学と私立大学が現在の順位を推進する傾向があります。 関西地域では、大阪、奈良、若本県で近隣大学が上位圏の学校でした。

東京ショコリサーチによれば、日本大学は1889年に設立されて以来、120万人以上の卒業生を職場に送ってきたため、多くの県で地域大学よりも多くの総長を排出してきました。 これは他のどの大学よりも多くの数値です。 もう一つの要因は、全国26の付属高校の一つを通う地域企業経営者の子どもが日本大学に進学し、卒業後、故郷に戻って家業を続ける場合が多いという点だ。

(日本語翻訳。バナー写真©Pixta。)

教育
大学
日本大学

READ  NMB山本軒が卒業発表芸能界引退看護の道 - AKB48:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close