日本大臣、福島魚を食べて安全さを見せる

1 min read

東京(AP) — 日本首相岸田文夫(Kishida Fumio)と三人の内閣長官が水曜日昼食会で福島第一原発で処理された放射性排水放流以後、魚が安全であることを示すための明白な努力の一環として、福島刺身を食べました。 先週。

岸田首相と三大官は、放流後、福島沖で獲れたカワミ、タコ、スズキ会と県で収穫した野菜、果物、炊飯を一緒に食べた。 会議に出席したと記者たちに言った。

木曜日に始まり、何十年も続くと予想される処理された排水を海に放流することは、漁業団体とその周辺国の強力な反対に遭遇しました。 これに中国は直ちに日本産水産物の輸入を全面禁止した。 韓国では、先週末何千人もの人々が解雇を糾弾する集会に参加しました。

発売以来、すべての海水と魚のサンプリングデータは設定された安全限界よりはるかに低かった。

西村は「この昼食は福島漁業の感情を尊重し、名誉毀損を解決するためにリーダーシップを発揮するという岸田の強い意志を見せた」と話した。 「科学的証拠に基づいて安全性を立証し、これを断固として日本国内外に伝播することが重要だ」

西村さんは月曜日に福島スーパーマーケットチェーン店を訪れ、魚の試食を行い、岸田さんは木曜日に東京豊洲水産市場を訪問し、福島魚を広報する予定です。

韓国でもユン・ソクヨル会長が昼食で魚を食べた。 連合ニュースによると、今週大統領府の構内食堂では、福島原発排水排出の影響に対する懸念で需要が減った韓国産魚を提供していた。

日本外務省は昨日の日曜日の旅行注意報を発令し、排水排出に対する嫌がらせと暴力的な抗議が増加していることを理由に、中国で日本国民に格別の注意を払うよう促した。 松野広和官房長官は、石を投げた人々が中国にある日本大使館、領事館、学校を標的にしたと言いました。

松野は「とても残念で懸念される」と語った。

彼はまた、この事件を世界貿易機関(WTO)に提訴する可能性も示唆しました。 同氏は「日本は過去の科学的根拠なしに中国の貿易制限と関連してWTO体制の下で問題を提起したことがある」とし「日本はWTO体制内で引き続き協力しながら必要な措置を決定しながら様々なオプションを考慮するだろう」と話した。

管理者と報告書によると、中国から数千のクランクの電話が、福島政府庁舎と原子力発電所の運営者を標的とした。 日本のNHK公営放送は、発信者の多くが中国語で声を上げ、一部は「愚かだ」など悪口を浴びせたと伝えた。

東京のある和風バーでは、福島産の食べ物だけを提供するという「中国人」を警告する標識が中国人Vチューバーの関心を集め、彼は警察に電話して中国人を指摘し、「国籍差別」について不満を吐露しました。 。 所有者は看板を変えたが、会話を拒否した。

2011年3月、大規模な地震と津波のため、原発が溶解した後に処理された放射性廃水が蓄積しました。 合計134万トンに達し、約1,000個のタンクに貯蔵されている。 日本政府と東京電力会社ホールディングスは、タンクに入れた水が発電所の面積の大部分を占めており、発電所の清掃や解体のための施設を構築するためのスペースを確保するために除去しなければならないと述べました。 これも数十年かかると予想されます。

日本では、放流により福島地域の水産物の名声がさらに毀損されることを懸念する漁業団体の激しい反対に直面しています。 これらのグループは、3つの原子炉の溶解によって引き起こされた事業被害を回復するためにまだ努力しています。

READ  気候特使ケリー:クリーンエネルギー変換を元に戻すことはできません
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours