日本天皇、皇后オックスフォード大学の再訪問

1 min read

社会


イギリスオックスフォード、6月28日(支持通信) – ナルヒト一王と雅子王妃が去る28日、イギリスオックスフォード大学を再訪問した後、イギリス公式訪問後、翌日帰国した。

皇室カップルは午前11時40分頃、大学のバリオールカレッジに到着しました。 大学総長のクリストファー・パットンの歓迎を受けた後、彼らはカレッジの周りを歩きました。 皇后はそこで彼女の元指導教授であり、寮の管理者と再会しました。

皇帝は1983年6月から1985年10月まで、マートン大学で勉強しました。 彼は寮で他の学生と一緒に時間を過ごし、18世紀のテムズ川の水上輸送の歴史の研究に取り組んだ。

皇后は1988年から1990年まで日本外務省公務員として在職し、バリオール大学で国際関係を専攻しました。

日王はイギリス訪問に先立ち19日、東京皇居で記者会見を通じて「政子と共に初めてオックスフォードを訪問して市内を散策できることを楽しみにしている」と話した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  韓国サムスングループのこの・白鳥会長死亡 "カリスマ経営者」 - NHK NEWS WEB
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours