日本女子オリンピックバスケットボール、ハンガリー敗北で難航

Estimated read time 1 min read

日本女子バスケットボール代表チームが金曜日のオリンピック予選トーナメントでハンガリーとの試合に81-75で敗れ、パリオリンピック出場権が危機になった。

世界9位の日本はハンガリー(19位)に落ち、この日他の試合では4位スペインが5位カナダを破り、ラウンドロビンで4チームがすべて1-1同点を記録した。 日曜日、ソフロンで開催される最終ラウンド以降、上位3チームがオリンピック出場権を獲得します。

東京オリンピックで銀メダルを獲得した日本は木曜日、スペインを86-75で破って夏季オリンピック遠征で勝利し、ハンガリーとの試合でも1クォーター以後22-13に先んじて勢いを続けた。

しかし、ハンガリーはボードを掌握しながらハーフタイムに32-32で同点を成し、最後のクォーターまで5点次リードをとった。 一般的に援護の背後で致命的な日本は強烈な遠征の雰囲気の中で深いところで28打数9安打にとどまった。

山本舞と共に15得点で日本を率いた宮崎沙織が2分を残して自由闘で同点を作って73-73で同点を成し、ハンガリーは再び退いた。

オンズカドル日本監督は「私たちは本当に勝ちたかった。とても苦しい」と話した。 「私たちは彼らがホームアドバンテージを活用して快適にプレイできるようにしました。」

日本はオリンピック出場権を確保するために日曜日にカナダに勝つ必要があります。

オンズカは「カナダを相手に40分間日本式バスケットボールの試合を繰り広げるだろう」と話した。

READ  2023年アジアゲーム:インド人ホッケーチーム、日本を4-2で破ってパキスタンを抜いてA組1位
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours