日本女子代表チーム、カナダを破ってオリンピック出場権獲得

Estimated read time 1 min read

スターガード舞山本(Mai Yamamoto)は、東京オリンピック銀メダリストが日曜日にカナダに対して86-82で緊張した勝利を収め、パリオリンピック女子バスケットボールトーナメントに出場できるようになると日本代表チームに合流しました。

アカツキ日本は、ハンガリーのショーフロンで行われた4チームの予選トーナメントで2-1で勝利し、3回連続オリンピックに進出しました。

オンズカトル監督が率いる世界ランキング9位チームはパリ行きチケットを確保するために5位カナダを破ってラウンドロビン最後の試合に突入した。

山本とパワーフォワードエブリンマウリがそれぞれ21得点に日本をリードし、ライブワイヤーガード宮崎沙織が16得点を追加しました。

24歳の山本は最後のクォーターで大きな活躍を繰り広げ、チームを圧倒しました。 彼女は試合終了41秒を残してレイアップを繰り広げ、日本に85-80で先を進め、終了17秒を残してファウルを抜いて自由闘1個を成功させて4点車に先立ち、試合を効果的に仕上げました。

山本は「私たちは勝てなければならず、この結果を得るためにみんなで戦って嬉しい」と話しました。

「これは始まりに過ぎません。私たちはより高いレベルに上がり、パリオリンピックで金メダルを獲得したいと思います。」

日本は優勝チームスペインを86-75に破り、トーナメントで勢いよく出発したが、金曜日開催国ハンガリーに衝撃的な81-75で敗れた後、オリンピック出場機会を逃す可能性に直面した。

オンズカは「チームは一つになって一緒にプレイすることで勝利した」と話した。 「私は本当に幸せです。

「カナダもカンチームだから難しい試合を予想した。みんながお互いを信じて闘志できるように戦った」

READ  共有された人類の中で私たちに世界を開く
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours