トップニュース

日本学生、2年連続大学入試問題流出認定

19歳の大学生が2年連続で日本の大学入試で記出問題を流出した事実を認めたと調査消息筋が土曜日明らかにした。

東京警視庁は大阪府に居住するこの女性が今年統合試験で世界史問題を流出して国立大学入試センター業務を不正に妨害した容疑で2月10日検察にファイルを送った。

消息筋によると、彼女は昨年も同様の方法で質問を流出したと捜査官に語った。

東京警察は横浜に居住する28歳のシステムエンジニアを公募者として指名する書類も検察に送った。 彼は昨年詐欺にも関わったと消息筋は伝えた。

両容疑者は今年1月15日両日間統合試験初日午前試験中、スカイプアプリのチャット機能を利用して記出問題イメージを流出した疑いを受けている。

この女性は、事件が明らかになった直後の1月末に香川県警察に刺繍しました。

彼女は東京の有名な私立大学に入学するために質問を流出したとニュースは言った。

この女性は昨年統合告示を控えてオンラインで男性と連絡を取り、試験中にスマートフォンで問題紙のイメージを撮影したと説明した。

この男性は、自分が撮った問題紙の映像を静止画に切り替え、10万円(約1億5000万ウォン)以上の褒賞金を受け取ったという。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  教皇、日本首相、核のない世界に対する希望の議論

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close