日本学者 – 神話通信、日本汚染廃水排出計画不適切

1 min read

デモ隊が2023年3月11日、日本東京で難破した福島第一原子力発電所の核汚染廃水を海に放流する計画に反対する東京電力会社(TEPCO)本社前で吊り幕を挙げている。 (Xinhua/Zhang シャオユ)

日本のある環境経済学者は、放射性物質で汚染された水を海に放流することは不適切だと述べ、日本国民は日本政府のこの計画に反対した。

東京、3月12日(神話) – 核汚染水に含まれる放射性物質は環境に放出されてはいけません。

一般的な有害化学物質とは異なり、放射性物質は自然の自己浄化が働かないため、化学的処理なしで消えないと、龍国大学の大島源一教授がインタビューで神話に語りました。

東京電力(TEPCO)が提案したALPS(Advanced Liquid Processing System)について、学者はその実効性に疑問を提起した。

ALPSの多核種除去システムの誤動作に言及し、大島は福島第一原子力発電所から出てくる総130万トンの核廃水のうち、約3分の2から三重水素以外の核種は除去されなかったと述べた。

デモ隊が2023年3月11日、日本東京で難破した福島第一原子力発電所の核汚染廃水を海に放流する計画に反対する東京電力会社(TEPCO)本社前で吊り幕を挙げている。 (Xinhua/Zhang シャオユ)

彼は、「TEPCOはこの問題を処理し、処理できると主張するが、前例がないことを考えると、そのような声明の信頼性にはさらなる観察が必要だ」と述べた。

大島氏は、処理された核廃水の3分の1が基準に合致するかどうかも、第三者機関の検討が不足していることを懸念した。

TEPCOはテストのために1,000を超える少数の核廃水貯蔵タンクを選択しました。 十分なデータを開示していないことについてTEPCOを批判した年。

TEPCOは、ALPSが予想した結果を達成しても、処理された水に三重水素以外の放射性物質の痕跡が残っている可能性があることを認め、これは日本の原子力規制庁長も指摘したと付け加えた。

この学者は、原発事故でなければ、このような放射性物質が出てこなかったことは「明らかな事実」だと述べた。 彼は、「このような追加の放射性物質を排出することは適切ではないと考え、そのような計画に対する広範な反対を理解する」と述べた。

2021年2月14日に撮影した写真は、日本の福島県福島市で地震後、閉鎖された駅の入り口を通過する女性を示しています。 土曜日の夜遅く、日本北東部を襲った規模7.3の地震で、日曜日に150人以上が負傷したと報告されました。 (神話/ドゥシャオイ)

彼は、適切で費用がかからない処理は、処理された核廃水をタンクに保存し続け、半減期が12.3年の三重水素が120年以上の間、現在のレベルの1/1000未満に崩壊するのを待つと信じていました。 別の方法は、モルタルが凝固したときに地下に封印し、100年以上待つことですが、その時点で追加の処理方法を検討することができます。

東京電力は当初、事故に対する責任があるため、コスト計算に応じて水処理方法を選択する立場ではなく、むしろ環境と人への影響を最小化する義務があると大島は指摘した。

環境経済学者はまた、国際原子力機関(IAEA)の承認の可能性が、海洋生態系に対する長期的な影響よりも東京電力が提案した計画を評価するものであるため、日本の排出計画を正当化できないと強調した。

大島は「海には国境がない」とし、「放射性物質が海洋生態系と私たちの生活に及ぼす長期的な影響に対する対応する評価はない」と述べた。

「したがって、私はIAEAの承認が問題がないことを意味するとは思わない」と彼は指摘した。

READ  蛾のアンテナを移植したドローン "スメリーコプター」の化学物質を務め逃さない| TechCrunch Japan
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours