日本学院における大学アプリケーション用AI検出システムの開発

1 min read

日本のある学院では、大学に支援する高校生の自己紹介書作成に生成人工知能(GAI)が使用されたかどうかを検出するシステムを開発した。

川井教育機関が開発したシステムは、伝統的な入学試験だけに頼るのではなく、成績、エッセイ、インタビューに重点を置く入学手続きのために提出された明細書を徹底的に管理しています。

写真は2022年1月29日、東京で標準化試験を行って大学を去る受験生たちの姿。 (教徒通信)

学生が支援する理由と、個人的な強みと弱点を説明する声明がプログラムを通して伝えられます。 このプログラムは、生成されたAIの隠すことができない兆候を識別するGoogle LLCによって開発された検出システムに基づいています。

Kawaijukuによると、このプログラムは500文字から1,000文字以上の文に対して非常に正確ですが、エラー率は5%です。

Kawaijukuと他の機関によると、2023年に日本の大学の51%が学生の選抜時に自己紹介とインタビューに頼っていました。 これは2013年の44%から増加した数値です。

措置大学(Sophia University)、青山学院大学(Aoyama Gakuin University)など一部の機関では、入学支援時に生成AIの使用を明示的に禁止していますが、佐賀大学(Saga University)を含む多くの機関ではこれらのツールが使用されているかどうかを特定するのが難しいという理由で、まだ具体的な規則を制定していません。

佐賀大学入学センター大西郡所長は「書類だけでなくインタビューなど多様な方法で志願者を評価し続けなければならない」と話した。


関連プレス:

スマートメガネを書いた大学入試不正行為検察告発

大学で不正行為をするためにスマートメガネを使った疑いを受ける男。 入学試験

より多くの外国人学生が日本政府奨学金を受けることができるようになりました。


READ  米国、リアルタイムデータ共有のために台湾および日本のドローン艦隊と連携
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours