日本宇宙会社、衛星運搬ロケット発射延期

Estimated read time 1 min read

経済科学技術


和歌山県釧本、3月9日(Jiji Press) – スペースワン(Space One Co.)は土曜日午前西部和歌山県釧本村にあるSpaceport Kii施設で予定された衛星を搭載したカイロス小型ロケットの打ち上げを延期しました。 日本。

日本宇宙スタートアップがカイロス1号機を発射できなかった理由を調査中だ。 まだ新しいリリース日を決めていません。

もし成功すれば民間が単独で開発して衛星を搭載したロケットが日本で初めて発射されるわけだ。

固体燃料3段と液体推進剤上段で構成されたカイロス1号機は長さ18m、重量約23トンで、ロケット先端には内角衛星情報センターの小型衛星が設置されている。

当初2021会計年度内発売予定だったが、コロナ19危機とロシアのウクライナ侵攻による部品調達遅延で4回も延期された。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  事実番号:日米の競争力と復元力(CoRe)パートナーシップ
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours