日本宇宙局が昨年から一連のサイバー攻撃を受けたと関係者が明らかにした。

1 min read

日本宇宙局JAXAは昨年サイバー事件を報告した後相次いでサイバー攻撃を受けた。

林吉正日本官房長官は去る金曜日記者会見でこう語りました。 認める 「日本国外の」ハッカーたちが昨年からJAXAを何度も攻撃したということです。 彼は、ロケットや衛星に関する機密情報はハッキングの影響を受けなかったと主張した。

林氏によると、国家セキュリティ当局は今回の攻撃に対して「深層的な」調査を実施しており、今後の侵入から機関のネットワークを保護するための予防措置を取ると明らかにした。 調査中に影響を受けたJAXAネットワークの一部が終了しました。

林はサイバー空間のセキュリティがさらに複雑になっており、政府はその分野の保護を強化するために努力すると述べた。

JAXAは衛星の開発と軌道への進入を担当し、小惑星探査、潜在的な月探査などの高度なミッションにも参加しています。

同機関は2016年に日本企業と研究機関200カ所に含まれて以来、数件のサイバー事故を経験した。 ターゲットとなったと推定される 中国軍のハッカーによって。

昨年、未知のハッカーが機関のネットワークサーバーを標的にしましたが、「ロケットと衛星の運用にとって特に重要な」情報へのアクセスに失敗したと機関は当時、Recorded Future Newsに語りました。

科学部およびJAXAの出所 言った 最近の攻撃では、ハッカーはJAXAの一般的なビジネス運営にアクセスするためにJAXAサーバーをターゲットにしました。 これにより、当該機関とトヨタなどの機密保持契約を結んだ外部組織との間の通信違反が発生する可能性があります。

NHKは匿名の消息筋を引用して報道した。 報告済み 攻撃中、JAXA 社員の個人情報がサーバーから漏洩した可能性があります。 当機関は、破損している可能性があるデータについてまだ調査を進めていますが、セキュリティ上の問題のために詳細な提供を拒否したとNHKに述べています。

JAXAはコメントリクエストに応答しませんでした。

去る2月、日本のサイバー管理である中見和塚(Kazutaka Nakamizo)は、日本が特に中国から重要インフラに対するサイバー脅威が増加していると述べた。 中見条は、Recorded Future Newsとのインタビューで、どのような攻撃が北京に関連していると思うかを具体的に明らかにしていません。

去る8月、中国のハッカーと疑われる人々が日本のサイバーセキュリティ機関に侵入し、機密データにアクセスした可能性があります。 メディア報道によると、昨年の日本名古屋港に影響を与えた別の事件の背後にも中国があった。

以下からより多くの洞察力を得る。

記録された未来

インテリジェンスクラウド。

もっと学ぶ。

READ  TABLE-Japanアルミバイヤーは10-12月の輸入について、より高い報酬を支払う必要があります。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours