日本宇宙飛行士、ウィンウィン取引で月チケット着陸米国、中国に対抗して同盟国である月巡洋艦確保

Estimated read time 1 min read
トヨタ自動車提供
現在トヨタモーター株式会社などが開発中の月探査船のレンダリング

東京/ワシントン — アメリカが主導するアルテミス月探査プログラムの一環として、2人の日本人宇宙飛行を月に送ることで、最近日本と米国が合意したことは共通の関心事から始まり、米国はいくつかの国と協力して中国に立ち向かうことを希望しています。 日本は宇宙探査分野で先頭を狙っている。

しかし、日本は公平に貢献し、独自の技術を構築する必要があります。

月の2番目の国

NASAのビル・ネルソン局長は4月10日、ワシントンで開かれた記者会見で「米国はもはや一人で月の上を歩かないだろう」と話した。 彼は自分の国と日本が「日本とアメリカの宇宙飛行士が一緒に月を探検するという共同の目標を実現するだろう」と付け加えました。

森山正人日本文部科学部長官の隣に座っているネルソン首相は両国間連帯を促しました。

新しい協定により、日本は早ければ2028年、日本初の宇宙人が月に着陸し、2032年に2番目の宇宙飛行士が月に着陸することを目指している。 彼らは、米国と日本が運営する月まわりのゲートウェイ有人宇宙ステーションを通じて月に送られるだろう。 パートナーが建設する計画です。 日本には独自の宇宙船がないため、日本の宇宙飛行士はアメリカの宇宙船を利用して地球と月の間を旅行することになる。

これにより、日本は宇宙飛行士を月面に着陸させた2番目の国になることができる。 森山は取引の重要性を強調した。 彼は、「これは、米国が月の着陸に関して外国のパートナーと締結した最初の合意」と述べた。

火星に行くピットストップ

近年、月は人間が長期的にとどまることができる水、鉱物、その他の資源を見つける可能性のためにますます重要になりました。 火星とその先に行く途中でしばらく立ち寄ることができる場所にも注目を集めました。

米国は約50年前にソ連と覇権争いを繰り広げた中、アポロプログラムを通じて初めて人類を月に着陸させた。 米国は、新しいアルテミスプログラムを通じて中国よりも先に進むために国際協力に焦点を当てた。

地球の表面約400キロメートル上空を回り、日本、アメリカ、ロシア、ヨーロッパ、カナダが運営する国際宇宙ステーションは2030年の運営を中断する。 今後、国家主導宇宙の最前線は探査は月で行うでしょう。 中国は宇宙強国に急速に発展しており、2030年まで宇宙飛行士を月に送ることを目指しています。

このような競争の中で、米国が宇宙探査を主導するには同盟国が必要だ。 日本、ヨーロッパ、カナダはISSが退役してもArtemisプログラムに引き続き参加する予定です。 米国は有能な同盟国である日本との関係を強化し、この分野で主導権を拡大するための戦略を立てた。

両国間の協力は、日本が宇宙探査の分野でも先導的位置を占めるのに役立ちます。

条約を結んだ決定的な要因は、トヨタ自動車などが開発中の月巡洋艦だった。 この高性能探査車両の価格は数千億円に達するそうです。 宇宙飛行士は車内で宇宙服を着る必要はなく、月に1ヶ月間滞在することができます。 月巡洋艦の開発とインドは交渉でかなりの交渉手段となり、日本は月探査チケットを獲得しました。

より独立した日本

日本と米国の協定には、日本がより多くの貢献をすれば、より多くの日本宇宙飛行士が月に着陸できると明示されています。 そのためには日本が去る1月月着陸に成功した日本航空宇宙探査局のSLIM月探査船など先端無人宇宙探査技術を活用しなければならないだろう。

昨年3月、NASAは月面の誘電特性を測定するために東京大学などが開発した装置である月面誘電体分析器を月で使用する装置の一つに選定しました。

この装備開発を主導した東京大学宇宙資源学と宮本秀明教授は「日本の独立性を高めるためには、私たち自身の技術を向上させることが重要だ」と話した。

宇宙飛行士の訓練と発展も必須だ。 JAXAは月探査を念頭に置いて、2023年に米田亜由(29)と諏訪誠(47)の2人の新しい宇宙飛行士候補を選定した。 すぐに7人の現役宇宙飛行士が誕生することになる。

月に着陸する人を選ぶ方法はまだ決まっていません。 そこの使命には、基地の建設と利用可能な資源の検索が含まれ、宇宙飛行士には広範な知識と経験が必要です。 これは、ISSが退役した後、JAXA宇宙飛行士が宇宙でどのように訓練を受けるかについて疑問を提起します。

「ISSに比べてミッション範囲がさらに広がるはず」 [on the moon]宇宙飛行士はアルテミスプログラムに焦点を当てた訓練が必要になるでしょう。

アルテミスプログラムは持続可能な月探査を達成し、2030年代火星に着陸することを目指している。 このプログラムの名称と詳細は、ドナルド・トランプ元米国大統領政権時代の2019年に公開された。 ギリシャ神話では、アルテミスは月の女神であり、太陽神アポロの双子の姉妹です。

READ  科学者たちは魚のスケールでより持続可能なLEDを作ります。 スマートニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours