世界

日本安倍晋三暗殺

7月8日、日本の国で安倍晋三が銃に当たった現場近くで保安要員が山上哲也を拘禁している。 (Asahi Shimbun/AFP/Getty Images)

警察が安倍晋三日本首相暗殺事件に対する捜査に着手したが、金曜日の銃撃現場で逮捕された容疑者については知られていることはほとんどない。

容疑者は誰ですか? 山上哲也(41)が安倍総格を自白したと西警察が金曜日の記者会見で明らかにした。 失業状態の山上は、調査官たちに安倍が関与したと考えられる特定の集団に対して憎しみを抱いていると述べた。 警察はグループの名前を明らかにしなかった。

どのような銃が発射されたのか? 容疑者は銃撃に手作り銃を使用したと警察は伝えた。 武器に見えた 黒いテープで包まれた2つの円筒形金属バレル。 当局は後で、容疑者のアパートで手作りの拳銃のようなものをいくつか押収した。

この武器は長さ40cm、幅20cmの銃器類だったと警察は伝えた。

日本の公営放送であるNHKは、警察を引用し、山上が粘着テープで包んだ鉄パイプで数種類の銃を作ったと報じた。 警察は、3本、5本、6本の鉄管が銃の銃を発見しました。

NHKによると、容疑者はオンラインで部品を購入したパイプに弾丸を挿入したと警察は伝えた。 警察は、容疑者が暗殺に使用した最も強力な武器を使用したと見ているとNHKは付け加えた。

セキュリティ調査: NHKによると、日本警察庁は金曜日の銃撃が起こる前に設けたセキュリティ措置を検討することを明らかにした。 保安は奈良県警察が担当していたが、この警察は元首相が市内にいたときに彼のための保安計画を立てました。

NHKは東京都警察の警察官と保安要員数十人が勤務しており、安倍首相の演説を四方から見守ったとNHKが伝えた。

READ  ニュージーランドの公式ウィザードが仕事を失う

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close