トップニュース

日本対ジャマイカの友好ウイルススキャンの問題でキャンセル

木曜日札幌ドームで予定され、日本のジャマイカの国際親善試合が旅行者のためのコロナウイルスの認証システムの問題のため、ジャマイカ選手団のいくつかのメンバーが飛行機に搭乗できず、キャンセルされました。

火曜日キャンセルを発表した日本サッカー協会はコロナウイルスのテストのために混乱が原因で訪問する選手たちが試合前に日本で3日間の健康監視期間を含むゲームの安全要件を満たしていないと述べた。

日本代表選手たちが2021年6月1日に札幌で訓練します。 (教徒)


関連報道:

サッカー:セルティックと接続されたPostecoglouがF・マリノスをS-Pulseを通るよう案内します。

サッカー:上田直道、Cercle Bruggeと永久契約にNimesと合流

サッカー:Yuya Osako、日本ワールドカップの決勝戦に進出し、5ゴール


JFAは、海外から訪れるプレイヤーは、ウイルスの拡散を防ぐために、厳格な安全基準を遵守するようにする責任があります。

外国人ベースの日本選手を含むすべての選手は競技に参加するためには、少なくとも試合3日前に日本に到着して、毎日コロナウイルスのテストを経て、3日のすべての音声テストを受けなければならいました。

10人のジャマイカの分隊員が障害なく、米国で出発したが、欧州で出発する予定の他の選手たちは、乗客のための検査システムに問題が発生して、時間に旅行をすることができませんでした。

オンラインの記者会見で、他島盛り上がりJFA会長は、協会が繰り返しを避けるために、問題を調査していると述べた。

市しまう「専門家がこの問題を調査しました。再度問題が発生するように放っておくことができません。」と言いました。

JFAはキャンセルされた親善試合ではなくサムライブルーと日本の24歳未満のオリンピック選手団との間の試合の準備をしました。 木曜日札幌ドームで上映されます。

ジャマイカの代表は、6月12日愛知県豊田スタジアムで日本のオリンピックの展望を満たす予定である。 試合のために分隊員を日本に連れて来るための準備が進行中という。

肇森安のサムライブルーチームは6月7日、大阪府パナソニックスタジアムで6月15日、タジキスタンとキルギスを相手にW杯予選試合を行う予定である。 彼らは6月11日神戸ノにビルスタジアムで、セルビアとの親善試合を行う予定である。

READ  人権団体、日本、東京2020以前にLGBT平等通過促し

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close