日本岸田、内閣と当職を改編して権力強化

1 min read

岸田文雄日本首相が来年総選挙投票を控え、自身の立地を強化しようとする動きで内閣と当直を改編した。

東京 – 岸田文雄日本首相が来年の主要党指導部投票を控えて自身の立地を強化するための明白な動きで、水曜日の内閣と主要政党の職位を改編し、保守党で女性発展のための自身の努力を示すために、より多くの女性を任命した。

今回の開脚は、岸田首相が2021年10月に就任し、経済成長の公正な分配、日本人口減少対策、国防力強化を約束した後、2番目の開脚だ。 ロシアのウクライナ戦争、エネルギー価格の上昇、日本の高騰国防費のために、彼の任期中、彼の支持率は低い水準に維持されるなどの困難を経験しました。

岸田議員は3年間の自民党総裁任期が終わる2024年9月に満了し、再選に挑戦することになる。 彼の勢力は自民党で4番目に大きい勢力なので、彼は自分の地位を維持するために他の勢力と良好な関係を維持しなければなりません。

彼は権力バランスを反映するために内閣職を配分し、職のほぼ半分は高安倍晋三指導者と阿蘇太郎元指導者に関連する二大勢力が共有しています。

岸田首相は、男性が支配する内閣の支持率の低下を促進する試みの一環として、19人の内閣に5人の女性を任命しました。 彼は以前、安倍首相の頃、2014年の内閣で2、5回、小泉純一で当時首相だった2001年に1度を務めたが、女性は依然として全職の4分の1に過ぎない。

林吉正後任には、5人のうちの1人である上川洋子元法務長官が内務長官を務める。 神川と Hayashi は共に、キシダ自身の勢力出身です。

自民党は伝統的な家族価値と性の役割を支持し、女性政治家の欠落は女性権利団体から女性のない民主主義という非難を頻繁に受けます。

有任された6人には、西村康俊経済産業賞、鈴木純一財務賞、河野太郎デジタル改革賞、高一サナエ経済安全賞などが含まれた。

彼の内閣は、松野宏和官房長官が新ラインナップを発表する前の水曜日午前、記念会議で集団辞任しました。

岸田はまた、党内の主要ライバルであるもてぎ豊水を党内の2位に維持し、他の主要当職には阿蘇のような派閥の大物を迎えました。

岸田首相は、ガソリンと食品価格の上昇に対応するための新しい経済パッケージを用意すると予想される。 これは賃金引き上げを継続し、低所得層を支援して国民支持を回復するために必要なものだ。

今回の改編で役職を失った2人の人物は、最近のスキャンダルによって傷ついた。

岸田首相は安倍首相の暗殺で与党高位幹部らと韓国に基づいた極保守宗派の統一教会との関係が明らかになった後、1年前最後に内閣を改編しました。

___

https://apnews.com/hub/asia-pacificでAPのアジア太平洋地域をフォローしてください。

READ  ジャマイカ日本、経済パートナーシップ推進〜WIC News
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours