日本岸田、統一教の捜査指示宗教ニュース

1 min read

首相の命令は、執権自民党が追従者に巨額の寄付を要求した疑いを受けている宗派と連携されたことについて怒る中で出たのだ。

岸田文夫日本首相は月曜日、韓国の宗派が執権自民党(自民党)とのユダヤに対する公衆の抗議の中で統一教に対する調査を指示した。

公式に世界平和統一家庭連合として知られるこの教会は、去る7月8日安倍晋三元首相が暗殺された後、徹底した調査を受けている。

安倍首相の暗殺者である山上哲也が統一教の支持を理由に日本最長首相を殺害したと明らかにしました。 41歳の加害者は家族の財政的破綻を教会のせいで回した。 熱心な追従者である彼の母親は、この宗派に約1億円(67万2000ドル)を寄付した後、破産した。

暴露のために、教会員のより多くの親戚が教会が破滅的な寄付を強要したと非難し、保守自民党とグループの関係についてメディアの関心を呼び起こしました。 後に内部政党アンケート調査によると、自民党の379人の全国議員のほぼ半数が、グループが組織した行事に出席することからボランティアから選挙支援を受けることまで、教会と関連があることがわかりました。

岸田首相は自身の支持に重みを置いた疑いで月曜日議会で調査を発表した。 彼の内閣に対する大衆の指導は、刑務所通信の世論調査で35%に急落した。

首相は、議員に教会の犠牲者が「多くの」数のために調査を求めたと言った。 彼は「政府は多くの被害者と貧困、離散家族があるという事実を真剣に受け入れており、適切な救済が提供されていない」と話した。

調査は日本文部科学省、文化体育性、科学技術性が担当している。

長岡慶子文部科学賞は「即時調査に着手する」と話した。

日本に約10万人の活動信者がいる統一教は、何の誤りも否定した。 運動家たちは去る9月、国連人権委員会に教会が日本で「不寛容、差別、迫害キャンペーン」の犠牲者になったと主張して陳情書を提出した。

告訴長には、日本のメディアと弁護士たちが安倍暗殺の悲劇を「奇妙な話でねじって」暗殺の疑いを統一教の犠牲者にし、暗殺の責任を教会のせいにする奇妙な話にしたと話した。

それ以来、教師たちは攻撃と暴行、殺害の脅威に遭ったと付け加えた。

月曜日の調査で、日本の刑務所通信は統一教会が依然として日本で活動することはできますが、税金の恩恵を奪われ、宗教法人としての地位を失うことになると述べた。

京都は、キシダが以前に教会の活動の調査を命じたことには慎重だったと述べた。 これは部分的には宗教の自由に関する憲法条項に違反する恐れがあるからです。

一方、NHK公営放送は岸田の調査着手決定は、政府が宗教企業法により「質問する権利」を行使したのは今回が初めてだと述べた。

この条項は、文化省と現政府が法律に違反したと思われる宗教企業の役員を尋ねることを可能にします。

日本でこれまで裁判所で解散命令を受けた宗教団体は2カ所だけだ。

一つは、1995年に東京地下鉄で致命的なサリンガス攻撃を行ったオムジンリ教教団でした。 もう一つは、司祭たちが悪霊に聞こえたと主張し、信者たちを詐欺した疑いを受ける墓閣寺団体でした。 エクソシズム。

READ  インド・日本、次期アジアオリンピック開催国になるよう
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours