日本岸田首相、政策ロードマップで支出・賃金に集中

Estimated read time 1 min read

山口高屋

東京、6月15日(ロイター) – 岸田文集日本首相政権が経済政策中間ロードマップで子育て支出を増やして賃金引き上げを継続することに集中すると約束したとロイター通信が木曜日に入手した最終草案が明らかにした。

金曜日の内閣の承認を受けると予想されるこの青写真は岸田が早ければ今週に議会を解散し、早期総選挙を招集できるという推測が沸騰する中で出たのです。

ロードマップはまた、政府が非課税収入を使用して国防費増額資金を調達し、税の引き上げを「2025年以降」まで延ばすことができると述べています。 それは2024年に税金を引き上げようとするキシダの初期計画より遅くなるでしょう。

草案には、日本の低出産率を高めるための岸田の主力政策により、子どもがいる家庭に対する支払金を拡大し、今後3年間に医療費補助金を増やすと約束した。

しかし、青写真には支出対策に対する財源調達方案については言及せず、草案によると「具体的な措置が取られるかを綿密に検討」した後、政府だけが決定を下すと明らかにした。

このロードマップは、キシダが弱く、断片化された野党を考えると、彼の執権連合が勝利する可能性が最も高い即席選挙を呼ぶと、キシダの選挙公約として機能します。

子育て支出の増加とは別に、ロードマップは賃金が上昇し続け、家計にさらに購買力を提供する必要性を強調します。

具体的には、政府は給与を引き上げ、平均最低賃金を引き上げる中小企業に税金の減免を提供すると約束した。

このロードマップは、企業や家計が給与と支出を引き上げることを防ぐ日本の確固たるデフレ事故方式を決定的に終結させようとする政権の希望を強調します。

コロナファンデミックの打撃を緩和するために長年にわたって莫大な支出をした後、日本は先進国のうち最悪の4兆ドル経済規模の2倍以上の負債を抱えています。

支出へのロードマップの焦点は、日本がボロボロ財政を修正することに直面する困難を強調しており、低所得世帯を対象とするより集中的な支出に転換するように国際通貨基金(IMF)の要請と相反します。

現在、日本は2026年3月に終了する会計年度まで新規債券の販売及び負債返済費用を除いた基本予算黒字を達成することを目指しています。

しかし、2年連続でロードマップは予算バランスのための期間について言及しないと草案は明らかにしました。

($1 = 139.9000円) (取材: Takaya Yamaguchi, 追加報告: Tetsushi Kajimoto, 文: Leika Kihara, 編集: Emelia Sithole-Matarise)

READ  日本、ワールドカップでボックス気絶
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours